白象の気まぐれコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタが世界一の自動車会社となるのを見届けて逝った豊田英二氏の功績を想う

<<   作成日時 : 2013/09/23 06:59   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
トヨタ自動車最高顧問・豊田英二氏(写真上)が9月17日に100歳で亡くなりました。 英二氏は 1913年 愛知県に生まれ 1936年に東京帝国大学工学部を卒業し 豊田自動織機製作所入社 翌年同社の自動車事業部がトヨタ自動車工業として分離独立したのに伴い 同社に移籍 1967年に社長就任 トヨタ自工とトヨタ自販が合併した1982年に会長就任 1992年に名誉会長就任 1999年から最高顧問という経歴です。

英二氏は トヨタグループの創始者で自動織機を発明したことで知られる豊田佐吉の弟・平吉の長男で 1933年 豊田自動織機製作所内に自動車部をつくった従兄弟の豊田喜一郎(佐吉の長男)から誘われ、東京帝国大学の学生だった時から喜一郎の右腕として手伝っています。

豊田佐吉は 3兄弟(上から順に 佐吉 平吉 佐助)で その家系図は以下の如くなります。
画像
豊田家の家系図(クリックして拡大視可)。 9月19日付け産経新聞電子版より借用。 3兄弟の末弟・佐助が省略されているが 佐助の長男・稔は元アイシン精機社長(故人)

32年間トヨタに勤めた私の在任期間中 英二氏は副社長・社長・会長・名誉会長という雲の上の存在でしたが 6年間のオーストラリア駐在期間を含め 色々とご指導をいただきました。 英二氏は 今日のトヨタを築いた功労者であり 多々ある功績の中で 特筆すべきものとして 次のことが挙げられると思います。

1. トヨタ初の本格的乗用車「クラウン」を自ら開発し1955年に発売。 トラック
   製造会社から自動車製造会社へ変身。
2. 石田退三社長に月産5000台の日本初となる乗用車専門工場「元町工場」
   設立を進言し1959年に完成。 生産能力で日産自動車に差を付ける。
3. 新工場「高岡工場」にて生産された1100ccの新モデル「カローラ」を
   1966年に発売し東京オリンピック(1964年)後に始まるモータリゼーション
   の波に乗せる。
4. トヨタ自工とトヨタ自販を合併させトヨタ自動車(株)を1982年に設立。 
   工販分離で起きていた意思疎通の悪さを解消しグローバル化への体制
   を固める。
5. 日米自動車摩擦を緩和するためにGMとの合弁会社(NUMMI)を
   カリフォルニア州に設立し1984年に生産開始。 この経験を基に
   ケンタッキー州などに独自の工場を設立。
6. トヨタブランドとは別の高級車ブランド「レクサス」を開発し1989年から
   米国内で販売開始。 「耐久性と手頃な価格を売り物にした大衆車
   メーカー」というトヨタの従来イメージを一新


昨年(2012年) トヨタ(ダイハツと日野を含む)は 全世界で974万7762台を販売し GMとVWを抜き 2年振りに首位に返り咲いており 今年は 初めて1千万台を超える見込みです。

今日のトヨタを築いた最大の功労者は誰かと もしトヨタOB全員に聞くなら 恐らく99%の人が豊田英二氏と答える筈であり 英二氏の功績は それほどに傑出しています。

100歳で天寿を全うした英二氏の健康法は 「水泳」であったようです。 1944年にグアムで戦死した弟(俊彦)の慰霊で 50年後となる1994年に 英二ご夫妻は グアムとサイパンを一週間ほど訪問しましたが その時に案内役として私も同行し 朝食前に ホテルのプールで毎日一緒に泳ぎました。 今から20年も前のことですが 故人を偲びつつ そのことを懐かしく思い出しました。 合掌。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トヨタが世界一の自動車会社となるのを見届けて逝った豊田英二氏の功績を想う 白象の気まぐれコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる