白象の気まぐれコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須御用邸敷地の半分を一般公開した「那須平成の森」の中を“駒止の滝”まで往復する

<<   作成日時 : 2016/11/21 06:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
那須御用邸内の敷地の一部が平成23年5月から「那須平成の森」として一般公開されていると知り 訪ねてみました。 上掲の写真は その時に観瀑台から撮った那須第一の滝と言われる幅約2m 高さ20mの「駒止の滝」です。 この滝は 那須平成の森が整備され観瀑台が完成するまで一般の人は姿を見ることが出来なかったので 「幻の滝」と言われたそうです。

「那須平成の森」は 今上天皇の意向を受けて 在位20年という節目の年に那須御用邸敷地の半分に相当する560haが宮内省から環境省に移管され一般開放されたもので 入口付近の「フィールドセンター」にて 入場受付・森の紹介・展示などを行っています。

「那須平成の森」は 車道(栃木県道290号那須甲子線)により二つに分割されており 車道西側の一般開放ゾーン「ふれあいの森」とガイドウォークを申し込んだ人のみ入れる車道東側の「ふれあいの森」があります。 ガイドウォークには 3時間半コースと2時間コースがあり 事前に申し込むことが必要です。

私は自由に散策できる「ふれあいの森」の中を「駒止の滝」観瀑台まで約90分かけて往復しました。 「駒止の滝」は 観瀑台から約700m離れた高台にあり 「ふれあいの森」の中を歩いて行けますが 旧那須高原有料道路(ボルケーノハイウェイ)の栃木県道17号那須高原線の北温泉付近にて分岐する道から観瀑台駐車場へ直接アクセスすることも出来ます。

那須平成の森は ミズナラ・コナラ・ブナなどが生い茂っており 中を歩いても余り変哲がありません。 「ふれあいの森」を自由散策するなら観瀑台まで遊歩道を歩いて往復すべきです。
画像

「ふれあいの森」散策マップ。 クリックして拡大視可

画像

「那須平成の森」フィールドセンター入口付近

画像

ふれあいの森

画像

観瀑台から眺める「駒止の滝」

画像

駒止の滝

画像

観瀑台

画像

観瀑台

画像

ふれあいの森

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
那須御用邸敷地の半分を一般公開した「那須平成の森」の中を“駒止の滝”まで往復する 白象の気まぐれコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる