白象の気まぐれコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須高原にて“殺生石伝説”となった「白面金毛九尾の狐」のモニュメントを発見

<<   作成日時 : 2016/12/05 07:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
上掲の写真は 那須高原の名所・殺生石になったと伝わる「白面金毛九尾の狐」のモニュメントです。 このモニュメントは 那須湯本温泉から県道17号線を北上する途中の分岐点を大丸(那須岳ロープウェイ)方面へ向かい那須高原展望台(恋人の聖地)の少し手前にある学校法人の門外にあります。

このモニュメントが何故この場所あるのか不思議ですが 以前 学校が出来る前に『おだん荘』と言う宿泊施設があり その敷地内奥にあったものを 学校施設の完成後に 門外に移したそうです。 学校としては 祟(たた)りを恐れて廃棄処分せずに場所を移したのではないでしょうか?

モニュメントには 「九尾の狐(殺生石)伝説」と題する説明板があり その内容は次のようなものです(概略のみ)。

昔 「白面金毛九尾の狐」という顔が白く金色の毛と九本の尾を持つ狐が居た。 この九尾の狐は 不思議な術を身に付けた たいへん悪い狐で アジア大陸で暴れまわり悪行の限りをつくした後 日本にやってきた。 九尾の狐は 「玉藻の前」という鳥羽上皇の寵姫に化けていたが 陰陽師・安倍泰成に正体を見破られ 那須高原に逃げた。 その後も婦女子をさらうなど悪事を重ねたので 朝廷は三浦介を将軍とした軍勢八万人で九尾の狐を追いつめ 神から授かった鏑矢で射ると 狐はたちまち大きな石となった。 その石が「殺生石」として那須に伝えられている。

玉藻前は 江戸時代に人形浄瑠璃や歌舞伎などの人気演目となり 殺生石伝説として「九尾の狐」は知られるようになったそうです。 「九尾の狐」は漫画「ゲゲゲの鬼太郎」にも妖怪として登場するそうですが その存在を私は那須高原のモニュメントを見て初めて知りました。

モニュメントを後にして 「殺生石」と隣接する「那須温泉神社」を久しぶりに訪ねました。

「殺生石」は那須温泉の源泉で 温泉に浸かり傷を癒す鹿を発見したのが那須温泉の始まりと言われており 近くに「鹿の湯」という温泉施設があります。 隣接する「那須温泉神社」境内から「殺生石」を望める高台には「九尾稲荷神社」があり 「九尾の狐」が祀られています。
画像

「九尾の狐」のモニュメントと説明板

画像

モニュメントと説明板

画像

那須観光名所「殺生石」

画像

殺生石

画像

殺生石

画像

那須温泉神社境内にある「九尾稲荷神社」付近から望む「殺生石」

画像

九尾稲荷神社

画像

那須温泉神社の大鳥居

画像

拝殿

画像

境内

画像

樹齢800年の御神木(ミズナラの木)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
那須高原にて“殺生石伝説”となった「白面金毛九尾の狐」のモニュメントを発見 白象の気まぐれコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる