白象の気まぐれコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 深山湖畔の沼原発電所展示館を訪ね「揚水発電」の仕組みを知る

<<   作成日時 : 2016/12/15 07:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「沼ッ原湿原」は 沼原(地下)発電所の調整池として「上池」が造られた際に生まれたということを先のブログ記事 標高1230mにある「沼ッ原湿原」の木道を歩く に書きました。 上掲の写真(クリックして拡大視可)は その調整池「上池」を撮った航空写真で 沼原発電所の展示館「森の発電おはなし館」の資料として入手したものです。

同じ航空写真の上部に見えるのが「下池」と呼ばれる深山湖で 上池と下池を結ぶ地下トンネル水路の途中に揚水発電を行う沼原(地下)発電所があります。 上池のある沼ッ原湿原からの帰路に 下池となる深山湖と東側湖畔にある沼原発電所の展示館「森の発電おはなし館」に寄ってみました。

深山湖は 那珂川上流に建設された多目的ダム湖で 昭和48(1973)年に完成し 沼原(地下)発電所で揚水発電を行うために 下池の水をポンプで485m高い水位にある上池(沼原調整池)へ汲み上げています。

沼原発電所で水力発電した電気を使って下池の水をポンプで上池に汲み上げるなら 全く意味がないので 揚水発電を不可解に思っていましたが 下池の水をポンプで上池に汲み上げる電気は 民間の使用電力が減る夜間に火力発電所と原子力発電所で発生させた電力を利用するという展示館の説明を読み 初めて納得できました。

深山湖(下池)と沼ッ原湿原に隣接する沼原調整池(上池)は 那須の秘境と呼ばれ 観光客に余り知られていませんが 那須ICから約25キロメートル(約50分)で行けるので 機会があれば 是非 訪ねてみてください。

途中の板室温泉付近には 迫力満点の「乙女の滝」があり 必見に値します。
画像

深山湖

画像

深山ダム

画像

深山湖

画像

深山湖(ダム)の堰堤

画像

深山湖

画像

沼原発電所の展示館「森の発電おはなし館」

画像

乙女の滝

画像

乙女の滝

画像

乙女の滝

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
深山湖畔の沼原発電所展示館を訪ね「揚水発電」の仕組みを知る 白象の気まぐれコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる