白象の気まぐれコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉の源氏山公園〜銭洗弁財天〜鎌倉大仏を訪ねる

<<   作成日時 : 2017/05/29 07:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
上掲の写真は 鎌倉の中心部に位置する源氏山の源氏山公園に建つ源頼朝像です。 源氏山は 後三年の役(1083〜1087年)で八幡太郎義家が出陣するときに、この山上に源氏の白旗を立て戦勝を祈ったことから「旗立山」とも呼ばれています。

頼朝坐像から歩いて5分ほどの所にある銭洗弁財天は鎌倉のべたな観光名所になっています。

巳の年の文治元年(1185)の巳の月、巳の日の巳の刻に 宇賀福神から「この地に湧き出す水で神仏を供養せよ、そうすれば天下泰平の世が訪れる」と源頼朝の夢にお告げがあり、源頼朝は この地に社を建てて宇賀福神を祀ったと言われています。 その後 境内洞窟で湧く清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられるようになり 銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られようになったそうです。

銭洗弁天の入り口は隧道になっており 弁財天の縁日である巳の日は特にご利益があるとされ、一段と賑わいを見せるそうです。

高徳院の本尊である鎌倉大仏は 小学校の遠足で行ったのが最後だったので 今回 久しぶりに訪ねました。 鎌倉大仏は 1252年から10年ほどの歳月をかけて銅製の大仏として建立されたものです。

鎌倉大仏を与謝野晶子は「かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな」と詠みましたが 昨年3月に完了した修理とクリーニングにより 一段と美男の阿弥陀如来像になっていました。

鎌倉大仏の内部は空洞になっており 入場料20円を払って内部に入ると どのように鋳造されたのかが理解できます。
画像

源氏山公園の源頼朝像

画像

銭洗弁財天の入口

画像

入口から銭洗弁財天までトンネルになっている

画像

宇賀福神を祀る銭洗弁財天の本宮

画像

銭洗弁財天の奥宮

画像

鎌倉大仏

画像

鎌倉大仏

画像

大仏の内部

画像

大仏の内部

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉の源氏山公園〜銭洗弁財天〜鎌倉大仏を訪ねる 白象の気まぐれコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる