篤姫と幕末の老中・堀田正睦と順天堂大学浦安病院

画像
6月22日のNHK大河テレビドラマ「篤姫」を見ていたら 佐倉藩の藩主から幕末に老中となった堀田正睦(ほったまさよし)について以下の如く解説していました。 

「堀田正睦は 佐倉藩・藩主として蘭学を奨励し 江戸から蘭医学者・佐藤泰然を招聘して医学熟・佐倉順天堂(現在の順天堂大学)を開かせるなど蘭学好きであったことから 蘭癖(らんぺき)と呼ばれ 幕末においては攘夷鎖国が時代錯誤であることを痛感し一刻も早く諸外国と通商すべきという開国派だった。 元の名は「正篤(まさひろ)」であったものを 安政3年(1856年) 島津家から将軍・徳川家定に輿入れした篤姫の名を憚り 正睦(まさよし)と改名した」

写真は その老中・堀田正睦に繋がる京葉線「新浦安駅」近くにある順天堂大学浦安病院です。 過日 チョットしたことでホームドクターと相談したところ 順天堂大学浦安病院を紹介されたので行ってきました。

診察は朝9時からですが 朝8時に受付を済ませたので9時早々に診察を受けられるものと思っていたところ 予約している再診患者を優先して診察するので 私のような初診者は待たされると言われ先ずガックリしました。1時間ほど待ったところ 尿検査をしてきてほしいと言われたので 相談内容から尿検査は必要ないと言い張ったところ全く聞いて貰えず 尿検査結果が出て診察を受けたのは朝11時過ぎでした。

診察はアットいう間(約5分間)に終わり 「何でもない、心配ない」というものでした。 順天堂大学浦安病院を含め大病院の診察や治療は信頼できるので安心ですが いつも必ず長時間待たされることになるのでウンザリします。 しかし 順天堂浦安病院は サッカーのオシム監督が昨年11月に脳梗塞で倒れ手術を受けた病院でもあり オシム監督が奇跡的な回復をみせたように この病院の治療内容はとても優れているようです。

待たされるのはウンザリですが 私にとって近くで頼りにできる総合病院は順天堂浦安病院しかないので 今後とも困った時には待たされるのを覚悟でお世話になりますが お世話になる回数をできるだけ減らせるよう 日頃の健康管理に充分留意したく思います。

以上 私の下手な3題噺として 「篤姫」「老中・堀田正睦」「順天堂大学浦安病院」という三つを無理にまとめてみました。 千葉県佐倉市には 安政5年(1858)に建てられた建物の一部を残し佐倉順天堂記念館として公開しており 私は一度訪れたことがあります。

画像

順天堂大学浦安病院




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック