メインメモリー1GB増設により半減したWindows XPの起動時間

画像
10月8日付けブログ 遅くて重いWindows XPを高速化する究極の裏ワザ?  にて Windows XPを起動させるのに5分30秒もかかっていた私のパソコンに次の対策を実施し3分30秒に短縮できたと書きました。

  1) マニュアル本「Windows XPを快適にする本」の内容をつぶさに実施。
  2) ウィルスバスターを2009年版にバージョンアップ。
  3) Windows XPを高速化する市販ソフトをインストールして実施

5分30秒を3分30秒に2分間短縮できましたが Windows XPの起動を更に速めるには メインメモリー容量を増設するしかないというので ケーズデンキ新浦安店にパソコンを持ち込み 1GB増設して貰いました。

Windows XPを使っている内に「起動と動作がドンドン遅くて重くなる」最大の原因は メインメモリーの容量不足にあり メインメモリーが不足すると その不足分を補うためにハードディスクの一部を「仮想メモリー」として利用することになり HDDはメモリーより処理速度が遅いのでWindows XPの起動と動作が遅く重くなるのだそうです。 

私のパソコンのメモリー容量は今まで0.25GBだったので 1.00GB増設しメモリー容量を1.25GBにしたところ 3分30秒かかっていたWindows XPの起動時間は一挙に半減し 1分45秒にまで短縮できました。 何も対策しなかった当初の起動時間5分30秒を最終的に1分45秒にまで速めることができたので 私としては満足です。

色々とやってみた結論として Windows XPを高速化させる上で最も効果的な方法は「メインメモリーの増設」ですが その他の地道な対策(デフラグ 使わないソフトや機能・設定の削除・変更・停止など)も同じく重要です。

メインメモリーの増設費用は\13,000 内訳はメインメモリー(バッファロー社製1GB)\11,500 取付け料\1,500でした。 写真上は ケーズデンキの増設メモリー売場の棚です。

尚 自分のWindows XP搭載パソコンのメインメモリー容量が分からない場合には 「マイコンピュータ」を右クリックして開くメニューから「プロパティー」をクリックし開かれた「システムのプロパーティー」画面の製造元末尾に1.24GB RAMの如く表示されているので分かります。

また メインメモリーがどれだけ不足しているかは パソコンデスクトップの「スタート」ボタンと同じ行にあるタスクバーを右クリックして表示される「タスクマネージャー」をクリックし「パーフォーマンス」タブ内にある「物理メモリー合計」が「メインメモリー合計」より少ない分に相当します。

画像

メインメモリー(バッファロー社製1GBメモリー DD400)の入ったケース


画像

増設メモリーを取付けたケーズデンキ新浦安店


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい かわいい

この記事へのコメント

通りすがり
2009年01月07日 16:37
高速化して良かったですね。0.25GBと言うのは256MBの事ですよね。と言うか256MBでXPマシンを使われていたとはちょっと感動もの(失礼)です。
DDRなのでメモリも高いとは思いますが、パーツショップなどで購入すると1GBが3千円台で手に入りますよ。
白象
2009年01月07日 16:51
通りすがり様
コメントを有難うございます。ご指摘のごとく256MBメモリーを使っていたのは感動的なものなのです。
hek
2010年02月13日 13:25
私の自慢をさせて頂きます。
休止状態で使用していますので、15秒で立ち上がります。

パソコンは休止状態で終了させる方が、ハードデスクの負担が減らせる。
休止状態になると、コンピュータはメモリー上にあるものをすべてハードデスクに格納してからシャットダウンします。
休止は、ソフトや開いていたフォルダで作業中に休止状態にできるので、つぎの起動時には作業が続行できます。
パソコンを休止状態で終了させる設定にすると、電源ボタンだけで、起動、終了(休止状態)が出来ます。
たまには、リセットのため「オフライン作業(W)」の状態にして、通常の終了もして下さい。

設定
電源ボタンで、休止状態にする設定は、コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→電源オプション→[休止状態] タブで「休止状態を有効にする」のチェック ボックスをオンにする→[詳細設定] タブでは、ノート パソコンを閉じたときや電源ボタンを押したときに、スタンバイや休止状態にするにして OK。

たまにはリセットのつもりで通常のシャットダウンで終了にしますが、この時も「オフライン作業」にして終了します。
オフライン作業(W)
Internet Explorer やメールの「ファイル」タブで「オフライン作業(W)」にすると、インタネットが切断され通信できない状態になります。
それと、自動更新などを勝手に行わせることは、向こう任せにする事でセキュリティ状も面白くないので手動にしています。
白象
2010年02月13日 15:27
hekさま
休止状態でパソコンを終了する方法について教えていただき有難うございます。 その内にトライしてみます。

この記事へのトラックバック