旧島津公爵邸(清泉女子大学本館)と天璋院篤姫

画像
写真上は イギリス人建築家ジョサイア・コンドルにより設計されたイタリア・ルネサンス様式の洋館・旧島津公爵邸の正面です。 同邸は 現在 清泉女子大学本館になっていますが 事前申請すれば邸内を見学できるというので 11月5日に見てきました。

旧島津公爵邸(品川区東五反田)の歴史をひも解くと 仙台伊達藩の藩邸が明治6年(1873年)に島津氏の下屋敷になり 島津氏30代当主・島津忠重(1886年-1968年)の時に 英国人ジョサイア・.コンドルに設計を依頼し 島津公爵「袖ヶ崎邸」として大正4年(1915年)に完成し 大正12年(1923年)の関東大震災後は島津公爵本邸になっています。 

ジョサイア・.コンドルに設計を依頼した島津氏30代当主・島津忠重の2代上が島津斉彬(1809年-1858年)で 斉彬の養女が徳川幕府13代将軍・家定の正室になった天璋院篤姫(1836-1883)です。 

篤姫は 仙台伊達藩の藩邸が島津氏の下屋敷になった時(明治6年)に未だ存命中だったので 島津氏の下屋敷があった場所(現在の清泉女子大学敷地)を訪ねたことが恐らくあったのでは思いましたが 確認できないままでした。 そんな時に 宮尾登美子著「天璋院篤姫」(講談社文庫)を読んでいたら 下巻のP384に「東京の島津家とも今は気軽く親密なゆききをしており・・・・・」という箇所があり 訪ねていたことが判明しました。

見学時に案内役の女子大生が建物と歴史について詳しい説明をしてくれたので 旧島津公爵邸の建築主は島津忠重と分かりましたが そこに島津斉彬と天璋院篤姫を位置付けるとどうなるのか恥ずかしくて質問できなかったので 帰宅してから調べたところ 上記のような状況と分かりました。

島津公爵邸は 第二次世界大戦中に島津氏から日本銀行に売却され 戦後 GHQの管理下に入り駐留軍の将校宿舎として使用されますが 昭和36年(1961年)に日本銀行から土地と建物を清泉女子大学が購入すると共に 大学所在地を横須賀から移しています。

ジョサイア・コンドル(Josiah Conder 1852年-1920年) は 明治10年(1877年)に日本政府のお雇い外国人として来日し 辰野金吾ら創生期の日本人建築家を育成すると共に 鹿鳴館 宮内省本館 ニコライ堂 旧岩崎邸 網町三井倶楽部 旧島津公爵邸 旧古河邸などの著名な建物を設計しましたが この内 鹿鳴館を除く建物は現存しています。 私は現存する建物をこれで全て見たことになりますが 庭を含めた建築物としては 網町三井倶楽部がベストと思います。

旧島津公爵邸は建物だけでなく 庭園も見事ですので 一見に値すると思います。 女子大構内の中に大手を振って入ったのは今回が初めてであり 女子大生の気分にもなれた?ので 私には得がたい経験でした。

旧島津公爵邸内見学は夏期・春期休業期間と繁忙期等を除き 月2回(年12回)一般公開されています。

画像

庭園から見た旧島津公爵邸のベランダ


画像

正面玄関のステンドグラス。 丸の中に十が入っているマークは島津氏の家紋



画像

1階の中央ホールから2階に上がる階段


画像

庭にある推定樹齢200年のホウ(楓)の木。 別名は「高尾もみじ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

へそまがり
2008年11月17日 10:58
白像さん
何を隠そう。私の長女が清泉の卒業です。もちろ旧島津公爵低とは知りつつも、恥ずかしながら、卒業式に一度行ったきりで、(卒業式があった講堂以外の)建物の内部や庭園も見ておりません。
白象さんのような基礎資料を事前に身につけてよく見ておくべきでした。当時わが娘は、高橋秀樹(俳優)の家が近くにあるとヨ、といったことの方にキョウミがあったようで(したがって親を案内することもなく)、最近になってテレビの「篤姫」を一生懸命視ています。
2008年11月17日 15:38
へそまがり様
お嬢様が清泉のご卒業とはスバラシイですネ。ブログ内容をお嬢様にも見ていただければ光栄です。
neriko
2009年01月02日 00:08
はじめまして、neriko ともうします。 少し前に島津邸が映り、素敵な外観に検索をかけて、ヒットしたのが、白像さまのブログです。
月に一度薬師寺別院の香道に修練に通い、またカルチャーで、香作りを指導しています。昨年は源氏物語の薫り、今年は2月から江戸幕府260年の香りというテーマでお香を作るので、イメージ作りに島津邸を尋ねてみようと思って検索をして、とても参考になりました。 
NHKの大河ドラマの最終回では、伽羅の香りを気高き志に例えてあり、さすが宮尾富美子さん(伽羅の薫り 著)だと感銘を受けましたが、白像さまは、ご記憶にございますか?

豊田の決算のお話も、つい最近、知人と同じ話題にでていて、その時には理解できなかったのですが、詳細な事情を知る事で、やっと納得ができました。 

今後も時折、白像さまのブログを訪問させてください。 

白象
2009年01月02日 08:09
neriko様
カルチャーで香作りを指導しているとはスバラシイですネ。NHK「篤姫」には香道の場面が何度か出てきたことを記憶しています。気の向いた時にこのブログをまた訪ねていただければ光栄です。

この記事へのトラックバック