「リメンバー・パールハーバー」の「真珠湾」という地名は存在しない

画像
日本とアメリカとの戦争が「パールハーバー」の奇襲攻撃に始まったことは 日本人なら誰でも知っています。 Pearl Harborの「Harbor」を正しく日本語訳すれば「港」であり「湾」ではないので 「真珠湾」という地名は存在しないという面白いエッセイを読みました。

英和辞典を調べると
Bay:   (gulfより小さいがcoveより大きい)湾
Harbor:  港
Port:   (荷物の上げ下ろしが出来る) harbor=港

の如く説明されており Pearl Harborを「真珠湾」と訳すのは誤りであり 正しくは「真珠港」ということになります。

にもかかわらず 誤訳された「真珠湾」という地名がなぜ日本で定着してしまったのか 歴史研究家・原徳三氏は日本エッセイクラブ編’07年版ベストエッセイ集「ネクタイと江戸前」(文芸春秋)に収められたエッセイ「真珠湾はない」の中でその理由を書いています。 要約すると以下のような内容です。

Pearl Harborが攻撃された昭和16年12月8日に ホワイトハウスは「パールハーバーが攻撃された」と発表した。この発表(外電)を日本の新聞社が誤訳して「ホワイトハウスは日本軍が真珠湾を攻撃したと発表」の如く報道し それ以降 「真珠湾」が一人歩きを始めた。 「真珠湾」の方がゴロが良いと思ったのか 「真珠港」or「真珠湾」のどっちだって構わないと思ったのだろうが 固有名詞を誤ったままにしておくのは乱暴な話である。 普通名詞の「林」を「森」と言っても 目くじらをたてることはないが 固有名詞(人名)の「林さん」を「森さん」と呼ぶのは乱暴である。 東京湾内の横浜港をアメリカ人が英語で横浜湾と呼ぶなら勝手すぎる。 日本人の多くが長い間使い続けた「真珠湾」を 今更改めることは不可能と思うが 実在してもいない地名を敢えて使っているという後ろめたさを せめて頭の片隅にとどめておいてほしい。

結論として 著者は「皆が使っているならよもや間違いあるまいと思い込んでしまう。 ここに危うさが潜んでいる」と述べていますが 私も全く同感です。 私自身 このエッセイを読むまでPearl Harborを「真珠湾」と思い込んでおり 誤訳に全く気付きませんでした。

日本エッセイクラブ編’08年版ベストエッセイ集「美女という災難」 を10月27付け私のブログで取り上げましたが ’07年版は未だ読んでいないと気づいたので浦安図書館で借り 「真珠湾」に関するこの興味深いエッセイを見つけた次第です。 写真上は その本です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にににに
2010年12月07日 09:44
よくわかる
くくく
くくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくくく
海軍大臣
2020年01月04日 07:50
私の所持しています1940年6月発行の河出書房版世界地理には、すでに「真珠湾」の名称が用いられていて、原徳三氏の書かれていることは、どうやら間違いの様です。
また「パールハーバー」とは言いながらも、同地は地学的には間違いなく「湾」としての地形を有しており、ハワイでは同港の名がそのまま「ベイ」全体を現す通称として定着したのではないでしょうか?
白象
2020年01月04日 15:12
海軍大佐さま
コメントを有難うございます。

この記事へのトラックバック