長年の夢であった「生しらす丼」を食べに江ノ島へ

画像
「生しらす丼」(写真上)を急に食べたくなったので 江ノ島まで日帰りで行ってきました。 江ノ島に行くのは 実に小学生時の遠足以来でした。

東海道線「藤沢駅」にて江ノ島電鉄に乗り換え「江ノ島駅」で降り 「江ノ島大橋」を渡り「奥津宮」の手前を歩いていたら「生しらす丼」の幟(のぼり)を出している「江ノ島亭」という料理店があったので入りました。 たまたま入ったのですが この店は寅さんシリーズの映画「寅次郎 あじさいの恋」(マドンナ役・いしだあゆみ)のロケが行われた所として 江ノ島では有名なのだそうです。

「生しらす丼」と「釜あげしらす丼」を半々にした「2色しらす丼」と「かき揚げしらす丼」を注文し 夫婦でシェアして食べましたが 生ビールの肴にもなり 美味でした。

「シラス」(英語名はwhite bait)とは 主にイワシの稚魚のことで イワシには 【マイワシ】【カタクチイワシ】【ウルメイワシ】などの330種類があるそうですが 水揚げ量が近年になって激減し貴重品となっているそうです。 鮮度落ちが早く食中毒を起こしやすいので 鮮度が重要な生しらすを美味しく食べるには水揚げ港に近い店を選ぶのが理想的です。 江ノ島の「生しらす丼」が名物料理になっているのは こうした事情からのようです。

「生しらす丼」のことは テレビのグルメ番組で紹介されることが多いので いつか食べてみたいと思っていましたが 今回 小市民(私)の長年の夢が江ノ島でようやく実現しました。

尚 1月1日から3月10日までの間 シラスは禁漁となるので 禁漁期間中は「生しらす」を食すことは出来ず 生しらすを茹でて水切りした「釜揚げしらす」を食すことになります。

画像


「生しらす丼」と「釜あげしらす丼」を半々にした「2色しらす丼」と「かき揚げしらす丼」


画像

江ノ島の先端部にある「稚児ヶ淵」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック