TBSテレビ「サンデーモーニング」に復帰を許された佐高信が「ベロ屋」と呼んだ竹中平蔵と木村剛

画像
写真上は 7月18日のTBSテレビ番組「サンデーモーニング」に復帰した佐高信です(以下 個人名に敬称略)。 昨年3月8日に放送された同番組で同氏の「疑惑がささやかれていたM(村上ファンドの村上)、H(ホリエモン)、K(木村剛)というMHK三人の中で疑惑の一番濃かった木村剛が逮捕されないのは政権与党に近いから」という発言が問題となり TBSは「個人名を挙げた十分な根拠に基づかない不適切な発言だった」と翌週に謝罪しました。

それ以降 佐高信は「サンデーモーニング」から降ろされたままになっていましたが 今回 1年4カ月ぶりに同番組のコメンテーターとして復帰しました。

なぜ復帰が許されたのか その理由について司会者・関口宏は7月18日の番組で全く触れませんでしたが 昨年の放送以降に民主党政権となり 竹中平蔵のブレインとして知られる木村剛が政権与党から遠くなった途端に金融庁の検査妨害容疑で逮捕され 昨年3月8日に放送された佐高信の発言どうりとなったので TBSとしては佐高信を復帰させざるを得なくなったようです。

復帰した7月18日の初日番組で 佐高信が「疑惑の一番濃かった木村剛が逮捕されないのは政権与党に近いから」という問題発言について何を語るのか注目したところ 次のような内容でした。

佐高“やっぱり竹中平蔵の責任はものすごく大きいと思う。眼力が全くなかったということですから。ペラペラしゃべって中身のないのを山縣弁で「ベロ屋」といいます。舌先三寸でベロベロしゃべることで 木村剛と竹名平蔵は「ベロ屋」の典型です。 木村剛は田原総一郎との対談の本を2002年に出しており その中で皮肉なことを言っている。 「日本にはルールという感覚がなくて政治に関係している人は罰せられない」というもので そのことで皮肉にも自分が今回やられたことになる。 日本振興銀行の認可がものすごく早かったとか 他にも色々な問題がある”

1年4カ月前の問題発言に懲りたのか かなり慎重な言い方になっていますが 番組復帰を許され名誉回復できたという高揚感からか饒舌で 竹中平蔵を「ベロ屋」呼ばわりする意気軒昂なところを見せていました。 しかし 今回の発言(上記青字)を聞き 佐高信こそ舌先三寸で中身のないことをベロベロしゃべる「ベロ屋」そのものではないかと私は思いました。

今回 佐高信は「政治に関係している人は罰せられない」と木村剛が2002年の対談で語ったと述べています。 しかし よくよく考えてみると 昨年(2009年)3月8日に放送されたサンデーモーニングで佐高信が語った「MHK三人の中で疑惑の一番濃かった木村剛が逮捕されないのは政権与党に近いから」は 2002年に田原総一郎との対談で木村剛が語った「政治に関係している人は罰せられない」と全く同じ内容であり 佐高信による昨年3月の問題発言は それより7年前に木村剛が既に語ったことのコピー(パクリ)と分かります。

佐高信こそ 他人の言ったことをあたかも自分の意見のごとく無断で引用し(パクリ)舌先三寸で中身のないことをしゃべる「ベロ屋」そのものではないでしょうか? 「サンデーモーニング」に再登場した佐高信は「竹中平蔵を中身のないベロ屋の典型で眼力もない」と決め付けていますが 竹中平蔵がTBSテレビを名誉毀損で訴えるなら 再び「個人名を挙げた十分な根拠に基づかない不適切な発言だった」と佐高信に代わってTBSは謝罪するのでしょうか。

昨年3月8日に放送された佐高信の問題発言ついて 昨年3月20日の記事 TBSテレビ番組「サンデーモーニング」が謝罪した佐高信の問題発言とは?  に書いたところ 思わぬ反響があり この記事だけのアクセス数が今日現在で7700にも達しています。 TBSテレビは今年5月23日に放送された「サンデーモーニング」で張本勲と対立した江川紹子も番組から降ろしており そのことを私の記事 岩隈投手を弁護し張本勲と対立した江川紹子を「サンデーモーニング」から降ろす理不尽なTBSテレビ に書いたところ この記事にも反響が多くありました。

気を良くして 今回 柳の下に三匹目の泥鰌(どじょう)を狙ってこの記事を書きましたが 「そうは問屋(とんや)が卸さない」ということになりそうです。

ところで 木村剛についてですが 無担保・無保証を原則として2004年に日本振興銀行を設立した当時は 中小企業向け融資について改善すべく高い志を持って始めた筈です。 しかし石原都知事が開設した新銀行東京と同様に挫折(ほぼ破綻)したということは ミドルリスク(都市銀行より高い貸し出しリスク)・ミドルリターン(都市銀行より高い金利)というビジネスモデルそのものが成り立たないことを示しており 木村剛も石原都知事も考えが甘すぎたと思います。 

私事になりますが 私は政府系ベンチャーキャピタルにて務めたことが4年半あります。 無担保・無保証というのは融資ではなくベンチャーキャピタルが行うハイリスク・ハイリターンの投資ビジネスに向くものであり 銀行のビジネスモデルとしては成り立たないことを 実務経験のない日銀OBや都知事は理解できなかったのではないでしょうか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

hms
2010年07月23日 19:32
普天間の問題のように、「いかなる条件もつけずに援助をお願いする方法がある、相手を脅迫すればいい」こうゆう国を同盟国とか言いNOと言えない日本の従属派政治家として、小泉・竹中・木村は日本の歴史上で最悪な人物として残るでしょう。
白象
2010年07月23日 20:28
hmsさま
コメントを有難うございます。 普天間は難しい問題ですが民主党政権になって従来路線から大転換できるのか注目しています。
hms
2010年07月23日 22:38
自民党政権が10年以上解決出来ず、おまけに密約まで交わしている。民主党に注目しても駄目でしょう。
hms
2010年07月24日 02:49
「殺せるなら殺してみろ」などと息巻いた従属離脱派を思わせた、政治家も去り、脅迫され従属派に戻された感(管)の民主党ではないですか?
普天間でも結果は、藪を突いて米軍基地の拡大や譲歩につながる状態にしただけ、それぐらいなら普天間の住民に十分な補償を与え、政府が普天間を買い取って米軍に恩を売った方が得策だったかも?
hms
2010年07月24日 09:22
前任の財務・金融相が日本の外貨準備金100兆円を差し出そうとしてたのを中川昭一元財務・金融相は100兆円を10兆円に値切ったあげく、
IMFに条件付き融資ということにしたので、酩酊状態にされ大恥をかかされ消された。などのうわさもあります。
今は、握手や体に触れただけで、中川昭一のように酩酊状態にしたり心臓発作を起こす薬物なども研究される、恐ろしい世の中です。リアルタイムの衛星写真をもとに、上空からプラズマなどを発射して人を消す事も出来る時代です。
普通の、お人よしの考えでは通用しません。
hms
2010年07月25日 11:21
日本の外貨準備金100兆円を気前よくアメリカに差し出そうとした渡辺喜美が、首相にふさわしい人物の第1位に選ばれた。
もうおしまいですね、日本はお亡くなりに成ります。
白象
2010年07月25日 14:44
hmsさま
度々のコメントを有難うございます。 いつも素晴らしいご意見をいただき感謝しています。 ところで一つお願いがあります。 コメント欄が特定の個人で占められるのは余り望ましくありませんので 出来れば原則として(原則です)コメントは1回のみにしていただけませんでしょうか。 同じ方からのコメントに対する私のレスポンスも原則ととして1回のみにしたく思います。 勝手なお願いで恐縮ですがご理解いただければ幸いです。
Sushiya.com
2010年08月02日 12:42
>佐高信こそ舌先三寸で中身のないことをベロベロしゃべる「ベロ屋」そのものではないかと私は思いました。

全く同感!TBSはよくこんな古びたチンピラみたいな評論家(世の中で最もいい加減な職業)を出演させるね。あきれて物が言えないよ。
金子勝も同じようにひどいよね。先日(8月1日)のSモーニングの中で「みんなの党は小泉・竹中路線の継承ですから」などと批判めいた事を言いながら、では何故みんなの党が参院選で躍進したのか、はまったくノーコメント。

要するに大多数の国民は今でも小泉・竹中のように思い切った「構造改革」を望んでいるんだよ。その事を全く理解していないよ、この二人は。

少々遅くなってからの投稿ですいません。江川vs張本を追っていたら、ここにたどりついたもので、、。

白象
2010年08月02日 14:33
Sushiya.comさま
コメントを有難うございます。評論家=「世の中で最もいい加減な職業」に同感ですね。 

この記事へのトラックバック