車山肩を起点にして車山高原と霧ヶ峰高原の大草原を一周するトレッキングコースを歩く

画像
頂上にかけて岩塊の急登が続く蓼科山(標高2530m) に登った翌日は ビーナスラインの車山肩駐車場を起点にして 車山高原と霧ヶ峰高原を一周するトレッキングコースを歩きました。 1周の歩行数は約24,000歩でした。

車山高原の最高峰・車山と霧が峰高原の八島ヶ原湿原には 今までに何度か訪ねましたが 両方の高原を一周するトレキングコースは一度も歩いたことがなく いつか挑戦したいと思っていましたが 今回 それがようやく実現しました。 写真上は 車山高原から霧ヶ峰高原に向う木道のトレッキングコースです。

車山肩は 1956年 (昭和31年)に創立されてから今も山小屋として利用されているコロボックルヒュッテのある場所として良く知られており ニッコウキスゲの咲く7月には ビーナスライン沿いにある車山肩駐車場を起点にしたハイカーで特に賑わうそうです。

私が車山高原と霧ヶ峰高原の草原を左回りに歩いて一周したトレッキングコースは以下です。

車山肩→車山頂上→車山乗越→蝶々深山→物見石→八島ヶ原湿原→八島ビジターセンター→沢渡→車山肩

このコースで 標高の最も高いのが車山頂上(1925m) 最も低いのが八島ヶ原湿原(1630m)であり 標高差は295mしかないので 途中に若干のアップダウンはありますが このコースなら 途中の休息と昼食に1時間ほどかけても約4時間で誰でも余り苦労なく歩けます。

広大な草原の中のウォーキングを堪能しましたが ビジターセンターで渡された「霧ヶ峰ハンドブック」によると 一見のどかに見えるこの草原本来の景観が生活様式や環境の変化とともに失われつつあるそうであり 解決すべき課題として次の5項目があるそうです。

・草原の森林化
・草原植生の変化
・湿原の乾燥化と土砂の流入
・外来植物の繁殖
・野生動物による植生被害

ご参考まで 過去に私が八島ヶ原湿原と車山を訪ねた時の記事は以下にあります。

標高1630mにある霧ヶ峰高原「八島ケ原湿原」を歩いて一周(2009/04/23)
リフトを乗り継いで登頂した「車山」(標高1925m)からの眺め(2009/09/23)

画像

ビーナスライン「車山肩駐車場」にあるコロボックルヒュッテ

画像

リフトを利用せずに初めて登った車山頂上

画像

車山頂上からの車山高原へ下る道

画像

車山湿原から見た車山

画像

蝶々深山からの眺望。 右側に車山 左側に前日に登った蓼科山(標高2530m)

画像

物見石からの眺めと奇岩

画像

八島ヶ原湿原

画像

八島ヶ原湿原

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック