ウイルスバスター2011クラウドに変更して0.72GB軽くなり起動が42秒?早くなった私のパソコン

画像
トレンドマイクロ社のウイルスバスターを 最新の2011年版に無料でバージョンアップすることにより パソコンが軽くなり起動時間も早くなるという案内があったので 実施しました。

私は ウイルスバスター2009を今まで使っていたのですが 今回 ウイルスバスター2011クラウドに無料でバージョンアップしたところ ウイルスバスター用ファイルに使われていた私のパソコンHDD容量(サイズ)は 1.62GBから0.90GBに減り 0.72GB軽くなりました。

このことで 私のパソコン起動時間がどれだけ短くなったのか ストップウォッチで計らなかったので分かりませんが トレンドマイクロ社の説明によると パソコンの起動時間は約42秒短くなるそうです。

写真上(クリックして拡大可)は ウイルスバスター2011クラウドと従来バージョンの違いを説明したトレンドマイクロ社の資料です。 従来は ウイルスなどの脅威を検知するために必要な情報をパソコンにダウンロードし蓄積していたのでパソコンの負荷がどんどん増えましたが ウイルスバスター2011クラウドでは パソコンの負荷となっていた80%の情報をクラウドコンピューティングに移すので パソコンの負荷が減り起動時間も早まるというものです。

ウイルスなどの脅威を検知するために必要な情報のほとんどは 個々のウイルスを判別する「パターンファイル」と呼ばれるものですが パターンファイルをパソコンに蓄積せずにクラウド(インターネット)に移したことが ウイルスバスター2011クラウドの特徴です。

長く使っていると パソコンの起動時間がどんどん遅くなるのは 困った現象であり その一因はパソコンに蓄積されたパターンファイルの肥大化にありましたが ウイルスバスターの2011年バージョンからクラウドコンピューテイングを利用することにより パソコンの負荷が減るのは大歓迎です。

ところで トレンドマイクロ社のウイルスバスターなど市販のウイルス対策ソフトは ウイルスがパソコンに届いてから検知・駆除しているので大きな限界があります。 プロバイダー(私の場合はBIGLOBE)の提供する有料ウイルス対策を契約して利用すれば ウイルスがパソコンに届く前にプロバイダーのサーバーでほとんどのウイルスは駆除されるので 市販のウイルス対策ソフトをパソコンにインストールするより効果的です。 

このような理由から 私は トレンドマイクロ社とのウイルスバスター契約を近い内に打ち切り プロバイダー(BIGLOBE)の提供するウイルス対策に切り替えようと思っていますが 面倒なのでそのままになっています。

尚 ウイルスバスター2011クラウドの無料バージョンアップは ここ から出来ます。
画像

ウイルスバスター2011クラウドの管理画面

この記事へのコメント

hms
2010年10月13日 09:24
私は、ウイルスソフトはユダヤの商法だと思っています。私のパソコンは15秒で起動します。
私のパソコンは外部からの遠隔操作をさせないように私の出来る限りの設定をしています。
ご存知のように、「リカバリ」は、コンピュータウイルス感染や何らかの原因でパソコンが不安定になったり起動できなくなってしまったときに、再度パソコンを使用できるようにパソコンのハードディスクの内容を購入時(出荷時)の状態に戻す作業のことです。
これを、「システムの復元」と同じように「リカバリ」を出来るようにプログラムすれば、ウイルスソフトなど必要ないと思いませんか。
pun
2010年10月13日 09:57
疑えば限が無いですが、自動更新などを平気でやっている人がいますが、内容も知らない契約書の相手に「すきにしていいよ」と印鑑を渡しているようなものです。ウイルスソフトなども同じで、ウイルスソフトの内容を把握出来ないのに、向こう任せに取り入れることは危険な事です。私は、自動更新を止めていますが、不具合に成った事は有りません。
白象
2010年10月13日 13:28
hmsさま
15秒で起動できるといのはスバラシイですね。「リカバリ」を出来るようにプログラムしておけばウイルス感染防止になるのか私には定かでありませんが・・・ 
白象
2010年10月13日 13:31
punさま
自動更新というのは確かに恐いことですね。
hms
2010年10月14日 04:14
白象さま
「リカバリ」を出来るようにプログラムしておけばウイルス感染防止になるのか私には定かでありませんが・・・ 

「猫を追うより皿をひけ」と言う意味で、ウイルスを撒き散らす方も「リカバリ」されて削除されては、つまらんからウイルスを撒き散らさ無いだろうと言う考えです。
白象
2010年10月14日 07:04
hmsさま
再びのコメントを有難うございます。 了解です。

この記事へのトラックバック