城ヶ島「馬の背洞門」にて10万人以上が亡くなった関東大震災のマグニチュード7.9を実感

画像
写真上は 三浦半島最南端にある城ヶ島の海蝕洞穴「馬の背洞門」です。 城ヶ島には過去に何度か来ましたが ハイキングロードに沿って「馬の背洞門」まで足を延ばしたのは今回が初めてでした。

「馬の背洞門」は 砂礫岩という柔らかい岩質で出来た海岸の岩が 長い年月をかけて波浪や風雨などによりアーチ状に繰り抜かれ このような形になったもので 高さ8m 横6m 厚さ2mあるそうです。

写真から分かるように 「馬の背洞門」は海面から少し高い場所にあるので 波浪では容易に侵食しないと思い少し調べてみたところ この場所は大正12年(1923年)の関東大震災による地盤隆起によって海中の岩礁が砂浜に露出したもので 1923年以前は「馬の背洞門」の中を小船で通行できたそうです。

1923年9月1日に発生した関東大震災では、相模湾北西沖80kmを震源として発生した地震直後に三浦半島直下でも地震が発生しており その時に三崎と城ヶ島周辺の地盤は平均1.4mも隆起して収束しています。。

今から約90年も前に起きた関東大震災は 私が生まれるよりズット前のことなので 実感を持てずにいましたが 地盤隆起をもたらした関東大震災が起きる前には 「馬の背洞門」の中を小船で通行できたと知り 驚きました。

今年3月11日に起きた東日本大震災のマグニチュドは9.0で 死者と行方不明者が2万5千人を超えそうですが 1923年に起きた関東大震災のマグニチュードは7.9で 死者は10万人を超えています。 関東大震災で亡くなった方のほとんどは火災による焼死だそうです。

三浦半島最南端の城ヶ島で 隆起した海蝕洞穴「馬の背洞門」を見て 関東大震災の マグニチュード7.9が凄まじいものであったことを実感しました。

城ヶ島を訪ねた後は 三崎漁港にあるレストラン神港にて マグロ料理を中心にした昼食を楽しみました。
画像

海蝕洞穴「馬の背洞門」。 洞穴の向こう側に海が見える

画像

関東大震災で隆起した「馬の背洞門」付近の岩礁

画像

高台から海辺に下りる途中にある「馬の背洞門」付近の岩礁。 見物客の左側が上から見たアーチ部分。
画像

高台にあるハイキングロードから海辺に下りる石段

画像

城ヶ島南側の海岸

画像

城ヶ島南側の海岸

画像

城ヶ島灯台。 1867年に建造された我が国5番目の洋式灯台

画像

三崎漁港

画像

三崎漁港のレストラン「神港」

画像

マグロを中心とした「神港」の昼食メニュー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2011年05月23日 21:48
白象さん、こんばんは。
関東大震災で、1.4mも隆起したとは驚きました。
三陸などの地盤沈下75㎝以上ですね。
単純には比較できませんが…
神港さん、いつまでも続いて欲しいお店です。
2011年05月23日 21:54
空さま
三崎漁港の食事処「神港」は空さんのブログ記事を見て訪ねましたが素晴らしいお店でした。

この記事へのトラックバック