年賀状作成ソフト「はがきスタジオ」の住所録を「筆ぐるめ」に移せるというのは本当なのか??

画像
年賀状作成ソフトとして Windows XP搭載の古いパソコン(SONY VAIO)では「はがきスタジオ(2005年版)」を使っていましたが 新しく買い替えたWindows 7搭載のパソコン(NEC Valuestar)には「筆ぐるめ」が無償で搭載されていたので 今後は「はがきスタジオ」に代えて「筆ぐるめ」を利用することにしました。

筆ぐるめQ&A のWebサイト 他ソフトの住所録を筆ぐるめで使用できますか? の説明にもあるように 「筆ぐるめ」では「はがきスタジオ(2005年版まで)」の住所録を読み込める(移せる)というので 住所録の引っ越しに挑戦しましたが 残念ながら失敗しました。

筆ぐるめに電話し パソコン画面を見ながら 指示されたとおりに操作してみましたが 「はがきスタジオ」と「筆ぐるめ」の各項目を関連付ける画面で上手くいかず 「筆ぐるめ」の担当者もお手上げだったので 諦めました。

新しいパソコンに買い換え 年賀状作成ソフトも変えると 一番面倒なのは「住所録」を古いパソコンから新しいパソコンに移す(読み込む)作業です。 移せないからといって手作業で全住所を入力するのは面倒過ぎて我慢できないので 「はがきスタジオ」の住所録を確実に読み込める(移せる)という「筆まめ」(\3500)を購入し新しいパソコンにインストールしたところ こちらの方は住所録を問題なく移せました。

具体的には 古いパソコンにある「はがきスタジオ」の住所録コピーをUSBメモリーで新しいパソコンのデスクトップに移し 新しいパソコンで「筆まめ」を写真上の如く起動しウィザードに従って操作したところ 各項目を関連付ける作業もなしに簡単に終わりました。

今回の住所録を引っ越す作業では

  1.年賀状作成ソフトが異なる
  2.パソコンが異なる
  3.OSが異なる
  4.住所録ファイルの拡張子が「はがきスタジオ:has」「筆まめ:fwa」の如く
    異なる


という4つのハンデキャップがあるので 難しいことは確かですが 「筆まめ」では出来て「筆ぐるめ」では何故できないのか 未だに不可解です。

このブログを読まれた方で「はがきスタジオ」の住所録を「筆ぐるめ」に問題なく移せた方がもし居られたら教えてください。

尚 マイクロソフト社の「はがきスタジオ」は 2007年版を最後に絶版となっています。

古いパソコンで利用していた「はがきスタジオ」を新しいパソコンでも利用することにして 住所録を古いパソコンから新しいパソコンに移すのは難しくありませんが 既に絶版となった「はがきスタジオ」をズット使い続けることは出来ないので 「はがきスタジオ」のユーザーとしては 早晩 他の年賀状作成ソフトに切り替えざるを得ません。 どの年賀状作成ソフトに切り替えるべきかは 住所録の引っ越しが簡単に出来るかという観点からも慎重に判断すべきではないでしょうか?
画像

パソコンで「筆まめ」を起動した画面。 住所録の引っ越し作業は左下の「他形式の住所録を開く」をクリックして始める

画像

筆まめ

この記事へのコメント

ヒデ
2012年02月13日 12:52
私もこのケースの移しはやったことがありません。
ソフトウエア間の移行はCSV形式で移行できるのが基本になっています。
郵便局が無償で配布している「はがきデザインキット2012」はどうでしょうか。
バージョンが上がっても、サポートしてくれます。
白象
2012年02月13日 16:34
ヒデさま
「はがきデザインキット2012」はトライしてないので良く分かりません。

この記事へのトラックバック