桜散る長柄ダム(市津湖)の北側周遊道5.4kmを歩く

画像
写真上は 4月5日に撮った長柄ダム(市津湖)の桜です。 既に散り始めていましたが まだ見頃でした。

房総半島の北部(千葉県長生郡長柄町山之郷)にある長柄(ながら)ダムは コンクリートでなく水を通し難い粘土(関東ローム)を主な材料として盛り上げ造られたアースダムで 1985年に完成しています。 

長柄ダムによって堰き止められ生まれたのが市津湖(しずこ)で 67km離れた利根川から導水された調整池として 周辺地域に上水道と工業用水を供給しています。

市津湖のほぼ中央に長柄川大橋が架けられており 橋の北側にある一周5.4kmの遊歩道には たくさんの桜が植えられています。
画像

長柄ダム周辺の遊歩道5.4km(赤い部分)。 
クリックして拡大視可。
 
長柄川大橋付近の無料駐車場に車を留め 散り始めた桜の花を眺めながら 市津湖の北側周遊道5.4kmを約2時間かけて歩き とても爽快でした。 
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック