白象の気まぐれコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 燃費性能を初代の28.0km/Lから40.8km/Lへ改善した4代目プリウスに試乗して想う

<<   作成日時 : 2015/12/24 07:16   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
12月9日に販売を開始したトヨタのハイブリッド車・新型プリウス(上掲の写真)をMEGAWEB(お台場)にて試乗しました。 月あたり約1万2千台の国内販売を見込む中で 事前予約が約6万台あり 納車に4か月待つそうです。

初代プリウスの燃費は28.0km/L(10・15モード)でしたが 8年を経て4代目で燃費を40.8km/Lにまで改善しており その経緯は以下です。

      初代(1997年発売)  燃費 28.0km/L(10・15モード)
      2代目(2003年発売) 燃費 29.6kmL(JC08モード)
      3代目(2009年発売) 燃費 32.6km/L(JC08モード)
      4代目(2015年発売) 燃費 40.8km/L(JC08モード)

ハイブリッド車として初代のプリウスが発売された時に その燃費の良さに驚かされましたが モデルチェンジする毎にハイブリッド機構とエンジン性能の改善を積み重ね 4代目にしてリッター当たり40.8kmという世界最高水準の燃費を達成しています。

プリウスの改善は燃費だけでなく 初代から8年を経て その走行安定性や乗り心地も改善されています。 

ハイブリッド車は 減速時に回生ブレーキが働き 減速のエネルギーをバッテリーに蓄えますが 初代のプリウスに私が運転して特に違和感を持ったのは アクセルペダルから足を話してブレーキペダルを踏もうとすると 回生ブレーキがフットブレーキと同時に働き 首を痛めかねない「カックンブレーキ」状態になることと 車のモニターに原因不明の異常を示す「亀のマーク」がしょっちゅう表示され当惑したことでした。 現在のプリウスは 初代の頃に比べ 燃費向上を含めて 完成度の高い車になっており 隔世の感がします。

消費税込の価格は 約243万〜339万円で 最も安いモデルの価格は3代目より20万円高くなっています。

私は2代目と3代目のプリウスを発売当初に買ったので 今回も4代目となる新型車に買い替えたいところですが 金欠なので タイヤとカーナビソフトのみ交換し 3代目を暫く乗り続けることにします。
画像

MEGAWEBの展示

画像

4代目プリウス

画像

4代目プリウス

画像

ダッシュボード付近

画像

前席シート

画像

MEGAWEB試乗受付

画像

MEGAWEB試乗コース

画像

試乗コースの新型プリウス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
燃費性能を初代の28.0km/Lから40.8km/Lへ改善した4代目プリウスに試乗して想う 白象の気まぐれコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる