旧東京タワーボウリング跡地に開業した料亭にて中山律子などが活躍したボウリング全盛時代を想う

画像
上掲の写真は 2005年9月に旧東京タワーボウリングの跡地(港区芝公園4丁目)にオープンした「東京 芝 とうふ屋うかい」の名物料理“豆水とうふ”です。 「東京 芝 とうふ屋うかい」は 芝公園や増上寺などの緑に囲まれた約 6,000 ㎡の敷地に、池や築山を備えた日本庭園を配置し また、山形から築 200 年の造り酒屋を移築するなど、大江戸情緒を満喫させる設計になっています。

同店(個室55部屋)の名物料理は“豆水とうふ”で コースメニューとして色々ありますが 私はトヨタ同期入社の仲間10名と平日限定の昼の御前・竹(消費税込み5980円 サービス料別)を食べました。

「うかい」は 八王子市に本社を置く料亭のチェーン店で 1964年に初めて八王子に「うかい烏山」をオープンしており 私は3年ほど前にうかい烏山にて会食したことがあります。

東京タワーボウリングは1962年12月にオープンしています。 1968年に女子プロボウラーの中山律子が所属し 1970年前後にボウリングブームが到来して 日本国内のボウリング場は 須田開代子や中山律子などテレビで放送されたスタープレーヤーの出現などがきっかけとなり 1972年に3697箇所を数えましたが ブームが過ぎると集客力が減衰し 2016年時点では821箇所にまで減っています。 遊びの多様化に伴うボウリング競技人口の減少が直接的な原因ですが ブーム時に建設された施設が耐震建築を満たさなかったことなども影響したそうです。

私は1968年に友人の勧めで自分専用のボウリング球と靴を買いましたが ボウリングの才能がないと分かったので ほとんど使わぬまま捨ててしまいました。
画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック