落差日本一(350m)を誇る富山県立山町の「称名滝」を訪ねる

shoumyou1.JPG上掲の写真は 落差日本一(350m)を誇る富山県立山町の「称名滝」で 立山連峰を源流とし 水量は多い時で毎秒100トンを超え 称名川となって常願寺川に注ぎ込んでいます。

10万年ほど前に称名滝は現在よりも15km下流に位置していたと考えられており その後、長い年月をかけて基岩の溶結凝灰岩を年間10cm程度ずつ削りながら、途中、「悪城の壁」と呼ばれる高さ500m 長さ約2kmの急峻な岸壁を造りながら現在の場所まで後退したと言われます。

10年ほど前になりますが 「黒部立山アルペンルート」を通った際に 私は自分の車を始点となる大町から終点の立山まで大金?を払って回送して貰い 立山から車で称名滝へ向かいましたが 日没が近かったので途中で断念したことがあり いつか再チャレンジしたいと思っていました。

今回 再チャレンジとして JR富山駅に隣接する電鉄富山駅から立山駅へ行き 駅前から運行されている称名滝探勝バスで称名滝まで行き ようやく念願を果たすことが出来ました。

称名滝バス停から称名滝・滝見台までは 坂道を歩いて30分あるので 滝まで往復するのに1時間余り必要ですが バスの便が少なく 称名滝バス停から次のバスが出るのは 55分後か2時間50分後なので 55分後のバスに乗るために急いで往復することになりました。

称名滝探勝バスの運行期間は 4月下旬〜11月10 日で 1年間に利用できる日は極めて限られるので要注意です。

日本三大瀑布は「華厳の滝 那智の滝 袋田の滝」が定説ですが 異説として「華厳の滝 那智の滝 称名滝」というのがあり 富山県の観光パンフレットは異説に基づいています。 「日本三大〇〇」というのは国の認定ではないので 多くの場合に異説が存在しますが 私を含め 称名滝を一度でも見た人は 日本三大瀑布の異説を支持すると思います。
shoumyou2.JPG
立山駅。奥に見えるのが美女平へ行く立山ケーブルカー駅

shoumyou3.JPG
称名滝探勝バス

shoumyou4.JPG
称名滝・滝見台へ向かう坂道。 右側の絶壁が「悪城の壁」

shoumyou5.JPG
称名滝

shoumyou6.JPG
称名滝・滝見台

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント