韓国人が日本人を嫌う根底にある「反日種族主義」とは何か?

ソウル大学元教授の李栄薫氏が共同執筆して出版した「反日種族主義」が大きな反響を呼び韓国内でベストセラーになっています。 韓国の反日は「嘘の歴史」に基づくということを実証的に書いたもので 邦訳は文芸春秋社から近日中に刊行されます。 上掲の写真は 文芸春秋十一月号の記事「反日種族主義と私は戦う」で 李栄薫氏と黒田勝弘氏(産経新聞ソウル…
コメント:0

続きを読むread more

能登半島・輪島市の「白米千枚田」と「切子灯籠(キリコ)会館」を訪ねる

金沢駅から能登半島を巡る日帰りの定期観光バスに乗り 輪島市にある世界農業遺産の「白米千枚田」と能登半島北部の祭りに使われる切子灯篭を展示する「輪島キリコ会館」を訪ねました。 上掲の写真は 石川県輪島市白米町の棚田「白米千枚田」で 能登半島北岸を走る国道249号と日本海との僅かな崖地に作られています。 約4ヘクタールの範囲に1004…
コメント:0

続きを読むread more

旧東京タワーボウリング跡地に開業した料亭にて中山律子などが活躍したボウリング全盛時代を想う

上掲の写真は 2005年9月に旧東京タワーボウリングの跡地(港区芝公園4丁目)にオープンした「東京 芝 とうふ屋うかい」の名物料理“豆水とうふ”です。 「東京 芝 とうふ屋うかい」は 芝公園や増上寺などの緑に囲まれた約 6,000 ㎡の敷地に、池や築山を備えた日本庭園を配置し また、山形から築 200 年の造り酒屋を移築するなど、大江戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賤ケ岳の戦いで七本槍の一人として活躍した松山城初代城主・加藤嘉明を想う

愛媛県松山市の中心部にある勝山(標高132m)山頂に建つ平山城・松山城(伊予松山城とも呼ぶ)を訪ねました。 上掲写真の連立式天守は 大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を3棟の渡櫓(廊下)で結ぶもので 姫路城と同じ形式になっています。 平山城というのは 平野の中の小高い丘の上に築かれており 高い山の上に築かれた岐阜城などの山城と異なりま…
コメント:0

続きを読むread more

足摺岬の四国八十八ヶ所霊場第三十八番札所・金剛福寺にて「補陀落信仰」を想う

 上掲の写真は 足摺岬の四国八十八ヶ所霊場第三十八札所「金剛福寺」で 寺の正式名称は「蹉跎山補陀洛院金剛福寺(さださん ふだらくいん こんごうふくじ)」です。 寺の名前に「補陀落」という文字が入っているのは 弘法大師が足摺岬に広がる太平洋の大海原に観世音菩薩の理想の聖地・補陀落の世界を感得し822年に開創したからだそうです。 …
コメント:0

続きを読むread more