落差日本一(350m)を誇る富山県立山町の「称名滝」を訪ねる

上掲の写真は 落差日本一(350m)を誇る富山県立山町の「称名滝」で 立山連峰を源流とし 水量は多い時で毎秒100トンを超え 称名川となって常願寺川に注ぎ込んでいます。 10万年ほど前に称名滝は現在よりも15km下流に位置していたと考えられており その後、長い年月をかけて基岩の溶結凝灰岩を年間10cm程度ずつ削りながら、途中、「悪…
コメント:0

続きを読むread more