日本独自の文化“活動弁士”を描いた周防正行監督の映画「カツベン!」を観る

日本だけに定着した“活動弁士“という文化を描いた周防正行監督の最新映画「カツベン!」を観ました。 映画が活動写真と呼ばれ モノクロでサイレント(無声)だった頃に スクリーンの横で台詞(セリフ)や説明を軽妙洒脱に語り 楽士の演奏と共に 無声の映画を肉声で活気づけた活動弁士(略してカツベン)の活躍を描いたものです。 海外では活動写真(…
コメント:0

続きを読むread more

三途の川を渡り日本三大霊場の一つと言われる下北半島の「恐山」を訪ねる

JR東北新幹線の八戸駅にて青い森鉄道に乗り継ぎ下北駅で降りてから タクシーで日本三大霊場の一つと言われる青森県下北半島の「恐山(おそれやま)」を訪ねました。 この世のものとは思えないおどろおどろしい景観がテレビ番組で紹介されるのを何度か観たので いつか訪ねてみたいと思っていましが 今回そのことが実現しました。 恐山は 唐で修業した…
コメント:0

続きを読むread more

墓地・春秋苑に併設された屋内納骨堂を見学し終活としての「墓じまい」を想う

義父が眠る川崎市南生田にある墓・春秋苑の「墓じまい」をし 屋内納骨堂に遺骨を移することになったので 引っ越し先となる同じ春秋苑内の納骨堂「青蓮堂」を見学しました。 上掲の写真は 青蓮堂の参拝ホールです。 「墓じまい」とは 一般的に先祖が眠る墓から遺骨を取り出し、墓石を撤去し、墓を建ててていた土地をお寺や霊園管理者に返却した上で 今…
コメント:5

続きを読むread more

北前船で栄えた富山市東岩瀬町の廻船問屋「森家」を見学する

富山駅北口から路面電車・ライトレールに乗り 富山湾に面した北前船廻船問屋・森家(富山市東岩瀬町)を訪ねました。 岩瀬は江戸から明治にかけて 北前船の寄港地として発展した町で 明治11年(1878年)に創建された廻船問屋「森家」は 町屋の代表として当時のたたずまいを残しています。 上掲の写真は 森家に展示されている北前船の模型です。…
コメント:0

続きを読むread more