市川猿之助が悪役を怪演し話題の新テレビドラマ「半沢直樹」を楽しむための相関図

hanzawa-.jpg二匹目のどじょうを狙った新シリーズのテレビドラマ「半沢直樹」の視聴率が高いそうです。 今年7月から放送開始の新シリーズは 2013年に放送された旧シリーズの続編で どちらのシリーズも半沢直樹を演じる主演の堺雅人は変わりませんが 旧シリーズで敵役を演じた香川照之が新シリーズでは市川猿之助になっています。

銀行内部の不正を扱った「経済ドラマ」として男性の世界を舞台にしているので 登場人物の関係が複雑で分かり難いですが 混乱したら上掲の相関図(TBS作成)は助けになります。

「倍返し」の流行語を生んだ旧シリーズでは宿敵の大和田常務を演じた香川照之が最終回で土下座して話題となりましたが 新シリーズでは 伊佐山部長を演じる市川猿之助の際立った悪役ぶりが怪演として話題になっています。 香川照之と市川猿之助は祖父が兄弟という関係であり 二人が演じる敵役としての悪人顔と演技が似ていても同じ血筋(またいとこ同士)なので当然と言えます。

新シリーズでは 半沢直樹が部長を務める東京セントラル証券が検索エンジンのスパイル社とコンサルタント契約を結び 通販サイトの電脳雑技集団による敵対的買収を防ぐ役割を担います。 手っ取り早い買収の方法として TOB(Take Over Bid 株式の公開買い付け)が最も効果的ですが 新シリーズはTOBという手法を取らないので 電脳雑技集団と東京セントラル証券の攻防が複雑になっています。

私事になりますが 1980年代にトヨタは豪州の子会社AMI(51%保有)を完全子会社化(100%株保有)するために 豪州の投資銀行(Investment Bank)とコンサルタント契約を結び TOBに成功しましたが その時にシドニーに駐在した私は間に入って手伝いました。

トヨタにとってこの時の経験は貴重で 後に ピケンズという米国のグリーンメーラーが保有株の高値買い取りをトヨタの子会社・小糸製作所と親会社・トヨタに求めたのに対し トヨタの財務担当役員として毅然とした態度でピケンズの要求を奥田碩がはねつけ退けたのは 豪州での経験があったからです。

豪州でのTOBは GMとトヨタが合弁事業(持株会社UAAIの設立)を行うためでしたが 今では合弁事業も解消され 時代の移り変わりが早いことに灌漑深いです。 

と ここまで書いてこの記事をuploadするつもりでしたが 8月9日の第4話で敵役を演じた市川猿之助が敗北し左遷されたので驚きました。 市川猿之助に代わる敵役が再び香川照之になるのか 目を離せなくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大嶋昌治
2020年08月14日 19:20
はじめまして。福井市在住の大嶋昌治(おおしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。2020年を悔い改めの年にしてください。携挙に取り残された後のセカンドチャンスは、黙示録14章に書かれています。