第3のビール「サントリー金麦」を今まで発泡酒と誤解していたことを10月1日からの酒税変更で初めて知る

kinmugi.jpg上掲の写真は各社から色々と売られている第三のビール(新ジャンル)の銘柄で サントリー金麦はその一つです。 10月1日からの酒税変更で 350ccの第3のビールは10円値上げされるという報道を読み 今まで飲んでいたサントリー金麦は「発泡酒」でなく「第3のビール」ということを愚かにも初めて知りました。

何故そのような誤解をしていたのか 調べたところ ビール類には ビール 発泡酒 第3のビールという3種類があり 缶ビールのラベルを良く見ると ビールと発泡酒にはそのように表示されていますが 第3のビールには2種類あり「リキュール発泡性」または「その他の発泡性醸造酒」と表示されています。 ラベルの表示を良く読まずに買われているなら 私のように発泡酒か第3のビールか分からずに飲んでいる方が少なくないのではないでしょうか?

3種類あるビール類の代表的な銘柄は以下です。

ビール(生ビール): アサヒスーパードライ キリン一番搾り
発泡酒:  麒麟淡麗極上(生) アサヒ本生ドラフト
第3のビール(リキュール発泡性): サントリー金麦 本麒麟  
                  クリアアサヒ 
第3のビール(その他の発泡性醸造酒): キリンのどごし(生) 
                    サッポロドラフトワン


我が家は キリン一番搾り(生ビール)とサントリー金麦を飲んでいますが 味はほとんど変わりません。 各社の製品改良努力で 3種類あるビール類はどれを飲んでも美味しくほとんど区別できなくなっています。

10月1日からビール類の税変更により 350ccの缶ビールに課せられる税金は ビールと麦芽比率50%を超える発泡酒が7円値下げ 麦芽比率25~50%の発泡酒が4円値下げ 第3のビールが10円値上げされ 3種類あるビールの価格差を少なくしています。 3種類あるビールの税金を変更するのは 第三のビールの販売シェアが最近になって税金の高いビールを上回っているからで 税収を改善するための措置です。 今年1から6月の販売シェアは ビール38% 発泡酒13% 第3のビール49%で 初めて首位が入れ替わっています。 

政府は今後もビール税の変更を続け 2026 年までに3種類あるビール類の税率を統一する方針ですが 3種類あるビールの味に差がほとんどなく 税収を改善する必要性を考えると 税率を統一するのは当然と思います?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント