日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」

画像
写真は 那智の滝 日光華厳の滝と共に日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」(茨城県大子町袋田)で 高さ120m・幅73mの大きさを誇っています。

竜神大吊橋を見た後で一泊する磯原温泉に車で向かう途中に寄りました。

久慈川支流にある「袋田の滝」の別名は「四度の滝」です。 大岸壁を四段に流れているからですが その昔 西行法師が訪れた際に「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛したからとも言われています。 いつの日か 冬に再び訪れ 凍結した神秘的な滝も見てみたいと思いました。

滝の近くには民間の有料駐車場が沢山あるのですが 料金は軒並み500円もします。 滝を望む展望台へは有料トンネルを歩いて行く事になりますが 料金は大人300円です。 

トンネルを数分歩くと展望台(観瀑台)に出て 正面から威圧感のある滝を見ることが出来ましたが  水量がいつもよりチョット少ないのは残念でした。 展望台を後にし 順路に従ってトンネルを歩いて行くと、料金所を出た所につり橋があり 渓谷にある滝を横から眺めることが出来ました。

で 滝を見た私の率直な感想ですが 日本三名瀑に那智の滝(和歌山県)と華厳の滝(栃木県)が入るのは分かりますが 残る一つに袋田の滝(茨城県)がなぜ入るのか チョット疑問でした。

フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)に 「日本三大一覧」というページがあり 「三」の付くものなら「三大寮歌」「三大予備校」「三大空港」「三大古湯」など何でもリストアップされています。 「三大瀑布(三名爆)」として この3滝の名前がありましたので 間違いではないようです。
画像
画像
画像

"日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント