三菱東京UFJ銀行のセミナー「これからのライフプランと資産運用の考え方」

画像
三菱東京UFJ銀行(写真上は本店)に行き 「これからのライフプランと資産運用の考え方」と題するセミナーを聞いてきました。 前半がライフプラン 後半が分散投資を薦める商品(投資信託など)の説明で 約1時間半 有益?な話を聞かせて貰いました。

私は同様のセミナーをトヨタに在籍していた今から15年ほど前に 伊豆のホテル(ラフォーレ修善寺)にて夫婦で受けたことがあり その時の内容を私のホームページに載せたのが 「老後のキャッシュフローを考える」です。

トヨタのセミナーは 定年退職予定者に不安を与えぬよう「年金と退職金で老後の心配はないヨ」という趣旨のものでしたが 三菱東京UFJ銀行のセミナーは「年金と預金の取り崩しだけでは ゆとりあるセカンドライフを楽しめないので 余裕資金(当面使用予定のない資金)を分散投資しては如何?」というものでした。

金融機関によるこの種のセミナーを聞いていつも思うのは 「ゆとりあるセカンドライフを楽しむには分散投資が必要」という不安をあおる説明をした上で 「商品の勧誘」を行うことです。 分散投資であっても 元本が保障されないリスクはあるので 定年退職者相手に不安をあおり虎の子の余裕資金(将来資金)を元本の保証されない投資に廻させるのは 無責任でありチョット問題と思います。

とは言うものの 私のように余裕資金(当面使用予定のない資金)を全て定期預金にしておくのも問題です。 今後インフレが進むと 元本が実質的に目減りするからです。

今後 余裕資金(当面使用予定のない資金)の一部を分散投資(ポートフォリオを組んで国内株式 国内債券 外国株式 外国債券 外貨預金などへ分散投資)する方法を検討してみるつもりです。

三菱東京UFJ銀行から貰った分散投資の商品資料では 世界主要先進国の信用力の高い債権に分散投資する商品「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型」と世界の通貨に分散投資する「世界高金利通貨ファンド」の二つが面白そうでが 販売手数料と信託報酬が高い上に為替リスクもあるので 色々と問題がありそうです。

"三菱東京UFJ銀行のセミナー「これからのライフプランと資産運用の考え方」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント