初めての尾瀬旅行(前半):鳩待峠→尾瀬ヶ原→見晴十字路

画像
尾瀬旅行に1泊2日(7月28日・29日)で初めて行ってきました。 尾瀬についてはテレビや雑誌などでよく紹介されるので 行かなくても知っているつもりでしたが やはり“seeing is believing”でした。

初めて行くので 尾瀬全般を知る為に 鳩待峠→尾瀬ヶ原→見晴十字路(泊)→尾瀬沼→大江湿原→大清水 の如く西から東へ横断するルートにしました。 初日の早朝に自宅を出て 東京駅6:32発の上越新幹線に乗り7:50に上毛高原駅に到着しました。 そこから関越交通バスに乗り戸倉で乗り換え鳩待峠に行く予定でしたが タクシーの運転手から4人の相乗りなら一人\4500円で鳩待峠に直行するという勧誘があり お願いすることにしました。

バスで予定していた到着時間より90分も早く鳩待峠に到着し 初日の予定に余裕が出来たので タクシーに相乗りしたのは大正解でした。 鳩待峠から山の鼻を経由して尾瀬ヶ原(写真上)に入り 牛首分岐という三叉路に出たので 北にルートを取り ヨッピ橋→東電小屋→見晴十字路の如く歩き 山小屋(原の小屋)にリュックを置いた後で 見晴十字路→竜宮→ヨッピ橋→牛首分岐→見晴十字路(宿泊地)の如く歩き 1日で尾瀬ヶ原にある木道を残す所なく全て通りました。

初日に歩いた時間は約7時間 万歩計の歩数は丁度40000歩で 1日に歩いた私の歩数としてはダントツの新記録でした。

尾瀬ヶ原は標高1415mにあって夏の期間は1カ月のみですが 写真上の如く 今は日光キスゲが真っ盛りでした。

尾瀬ヶ原で撮った以下の写真を少し補足します。

鳩待峠から山の鼻に下る坂道で 荷物を運ぶ強力(別名はボッカ・歩荷)に追いつきました。 荷物の重量を聞いたところ 70kg弱だそうで大変な仕事と思いました。 現在 恒常的に強力を専門の職業とする人(アルバイトを除く)を見ることができるのは 尾瀬ヶ原地区と白馬岳の夏山期だけだそうです。

東電小屋でコーフィーを飲んだところ 「尾瀬と東京電力」という無料配布のCD-ROMが置かれていたので 帰宅してから見ました。 東京電力は群馬・新潟・福島の3県にまたがる尾瀬地域の7割を保有し 尾瀬の自然保護や木道のメンテナンスに尽力しているそうです。 

尾瀬と言えば「木道」が有名ですが 尾瀬地域にある木道の全長は60kmもあるそうです。 強力さんが木道を運ぶのは大変ではと要らぬ心配をしたところ ヘリコプターで運ぶのだそうです。

画像

鳩待峠から70kg弱の荷物を運ぶ強力(別名はボッカ・歩荷)


画像

三叉路・牛首分岐の標識


画像 

尾瀬ケ原の日光キスゲ


画像

木道の先に見える見晴十字路の山小屋群

"初めての尾瀬旅行(前半):鳩待峠→尾瀬ヶ原→見晴十字路" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント