なぜ日食(金環日食)の開始時間は東より西の方が早いのか?

画像
5月21日の金環日食(写真上)がテレビ実況されるのを見ながら 太陽は東からの上るのに なぜ日食の開始時間は西の方が早いのか素朴な疑問を持ちました。 当日の朝 TBSテレビ「みのもんた朝ズバ!」では 日本での金環日食が始まる前に 日本より遙か西南にある中国の福建省・厦門(アモイ)での金環日食が実況中継されていました。

同じ日に 日本で金環日食がピーク(最大の食)となった時間は以下であり 日食の開始時間は西の方が東より早くなっています。

     鹿児島  7時22分11秒
     大阪   7時29分49秒
     東京   7時34分30秒

地球は地軸を中心に北極の方から見ると左回り(反時計回り)に回転しているので 太陽は東から上り西へ沈みます。 それなのに 金環日食を含む日食は なぜ 西から始まるのか不思議に思いませんか? 
画像
日食は月の公転(27日かけて地球を左回りに一周)により起きることを説明する図

上の図を利用して 「月は公転により地球の周りを西から東に向かって回っているので、月食で地上に落ちる月の影も西から東に向かって移動する」と説明したネット情報もあります。 

ナールホドと何となく納得させられる説明ですが 地球の自転(左回り)で太陽は東から上り西へ沈むのに なぜ 日食は東ではなく西から始まるのかという疑問に対する答になっていないのではないでしょうか?  なぜ日食は西から始まるのかを解明するために 私は以下の如く 地球の自転を止めて考えてみました。

(地球の自転を止めて考えると)
1.太陽は地球の回りを右回りに公転していると考えることができる。
2.月も地球の回りを右回りに公転していると考えることができる。
3.太陽も月も地球の回りを ほぼ毎日1回 公転しているが 月は27日かけて地球の
  回りを左回りに公転しているので 地球の自転を止めて考えると 地球を右回りに
  公転する時間は月より太陽の方が短い。
4.地球の回りを右回りに公転する中で 太陽は月を途中で追い越すことになる。
5.右回りに回る太陽が右回りに回る月を追い越す時に日食の条件が重なれば 
  地球に落ちる月の影(日食)は東より西の方が早い。


上記で簡単に説明できると思いましたが かなり難解ですね。

地球の自転を止めてみた場合 「地球に落ちる月の影(日食)は東から西に回る太陽の進行方向と逆になる」と単純に考えることも出来ますが この説明で ご納得いただけるでしょうか? 

「なぜ日食は西から始まるのか?」を説明するには 月の公転と地球の自転の両方を考えなければならないと私は思うので 複雑な説明になりましたが どなたか分かる方がおられたら教えてください。

追記: コメント欄で 「日食はなぜ西から始まるのか?」という国立天文台による説明があることを知りました。 説明図にある「月の動き」と「月影の動き」と「地球の自転の動き」の関係を見ると 月が左回りに公転し地球が左回りに自転する中で 月の影が移動する速さのほうが地球の自転より時速2000kmほど速く、月の影は地球表面を西から東に移動しているので 日食は西から東に進むことになるという説明に納得しました。 地球を自転させたまま分かりやすく説明する国立天文台は サスガですが 地球の自転を止めて考える私の説明は 国立天文台と手法が異なるものの 誤っていなかったと 国立天文台の説明を読んで思いました。

"なぜ日食(金環日食)の開始時間は東より西の方が早いのか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント