スマホやパソコンを使い入館禁止中の老人ホーム居住者とその家族に対面式会話を可能にするアプリ「Zoom」の効用

zoom.JPG老人ホームでは新型コロナ感染防止対策として外来者の入館が禁止されており 入居者と家族の面談ができなくなっています。 対応策として 私の義母が住む介護式有料老人ホームから 「スマホやパソコンを使い居住者と家族の対面式会話を可能にするサービス」を開始するという案内が来ました。 その内容を簡単に説明する以下です。

老人ホームの会議室にスマホ(iPhone)を置き アプリ・Zoom(ズーム)を利用して 居住者は誰でも希望する日時に1回15分以内にスマホまたはパソコンを持つ家族とオンラインの対面式会話を無料で出来る。 

最近はスマホを利用して相手の顔を見ながら会話する人が多くいますが 義母はガラケーしか持っていないので この老人ホームの新サービスはとても便利です。

老人ホームの案内に「スマホでなくてもパソコンでサービスを利用できる」とあったので なぜパソコンで利用できるのか不可解に思い調べたところ 最近のパソコンはZoomを利用してオンラインの対面式会話に必要とされる 1.Webカメラ 2.マイク 3.スピーカー という3つの機器が内蔵されているからだそうです。 上掲写真は私のデスクトップパソコンですが パソコン画面の上部(灰白枠の中央部)にある内蔵カメラのレンズで利用者の顔を写します。

マイクロソフト社の提供するSkype もZoomと似たサービスですが ZoomはSkypeと異なり相手の電話番号を必要としないので 今では対面会話の主流としてオンラインのセミナーや会議 授業 テレワーク(在宅勤務)などを含め広く利用されています。

老人ホームから案内を貰い Zoomというアプリをダウンロードすれば ガラケーしか持たない私でもパソコンを利用して相手の顔を見ながらオンラインで会話できると知ったのは収穫でした。

"スマホやパソコンを使い入館禁止中の老人ホーム居住者とその家族に対面式会話を可能にするアプリ「Zoom」の効用" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント