Windows 10の新ブラウザーMicrosoft Edge でショットカットアイコンを作れぬ人はガラパゴス人間か?

edge1.JPGWindows 10の既存ブラウザーInternet Explorer を新設のMicrosoft Edgeに変更すると Webページで右クリックしてショートカットアイコンをデスクトップ画面に載せられず不便だと 先のブログ記事に書きました

上掲の写真は Windows 10の既存ブラウザーInternet Explorerを使って私のパソコンのデスクトップ画面に多数のショートカットアイコンを載せたもので 該当するアイコンをワンクリックして利用する頻度の多いWebページなどを開けるので便利です。

新設のブラウザーMicrosoft Edgeに変更すると右クリックでアイコンを載せられなくなるので不便というのがブログに書いた私の趣旨ですが 右クリックしなくても少し面倒な手順を踏めばアイコンをデスクトップ画面に載せることは可能であり その手順がYAHOO!知恵袋に次の如く説明されています。

ブラウザーが新設のMicrosoft Edgeなら 右クリックすると「すべて選択」「印刷」しか表示されないので デスクトップにWebページのショートカットを作成できません。 Microsoft EdgeでデスクトップにWebページのショートカットを作成するには 右上の「・・・」を押し「スタート画面にピン留めする」を押すとスタート画面(タイル画面)にWebページのショートカットアイコンが作成されるので それをデスクトップにドラッグドロップできます。 それが面倒なら、スタートのWindowsアクセサリにInternet Explorerが有るので そちらをご使用ください。 現在 Internet Explorerを使用しているなら 新設のMicrosoft Edgeに設定変更しなければ 今までどおり右クリックでショートカットアイコンを作れます。

Internet Explorerを使い続けるという私の判断を愚息に伝えたところ 「古いやり方に拘るのは親父がガラパゴス人間だからだ」と笑われてしまいました。 私の判断は合理的なもので 古いやり方に拘っているわけではないのですが 不合理でも新しいやり方を受け入れていかないと ガラパゴスにしか住めなくなる恐れはあります。

ガラケーも全く同じで 私がガラケーだけでスマホを持たないのは 費用対効果を考えた私の合理邸な判断と自負していますが スマホを持たないとガラパゴス島の外では暮らせなくなる時代が近い内に来るのかも知れませんね。

新ブラウザーMicrosoft Edgeはタッチパネルを念頭に置いて開発されたものなので パソコンのスタート画面(タイル画面)のデザインは タッチパネルとして使うのに便利なスマホのスタート画面になっています。 近い将来 パソコンそのものがタッチパネルになる可能性もあり そうなれば マウスそのものがなくなり 右クリックも左クリックも使えなくなります。

そんな不合理で不条理な時代が来る前に 私はガラパゴス人間のまま一生を終えたいと願っています。
edge2.JPG
私のパソコンのスタート画面(タイル画面)。 個々のタイルがアイコンになっている

Edge3.jpg
ブラウザーのロゴ 左がInternet Explorer  右がMicrosoft Edge

"Windows 10の新ブラウザーMicrosoft Edge でショットカットアイコンを作れぬ人はガラパゴス人間か?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント