テーマ:日産自動車

「“トヨタは大丈夫”は本当か?」と題する雑誌・選択6月号記事を読む

日産自動車は5月28日 2020年3月期の連結決算について 6712億円の赤字と発表し 今期(2021年3月期)については 新型コロナウイルス感染症の与える影響が分からないとして 発表を見送りました。 これに対し トヨタ自動車は 2020年3月期の純利益を2兆761億円と発表し 今期(2021年3月期)の営業利益予想を前期比79.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルロス・ゴーンを解任してもルノーの植民地(子会社)として搾取から逃れられない日産自動車を想う

日産自動車は11月22日の取締役会でカルロス・ゴーンの会長・代表取締役とグレッグ・ケリーの代表取締役を解任しました。 取締役を解任するには株主総会での承認が必要なので 両人の取締役職は近い内に開催される臨時株主総会にて解任することになります。 日産はゴーンの不正行為として (1)役職報酬の過少記載 (2)投資資金の私的な支出 (3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本経済新聞「私の履歴書 カルロス・ゴーン」を読みルノーの子会社になった日産自動車の功罪を想う

1月1日~31日の間 日本経済新聞に掲載された「私の履歴書 カルロス・ゴーン」を読みました。 カルロス・ゴーン(現在62歳)は レバノン人の両親を持つブラジル生まれで ブラジルとフランスの両方に国籍を持っています。 フランスの大学を卒業後 タイヤメーカー・ミシュランに入社して18年間在籍し その実績を評価されてフランスのルノーに上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日産自動車の経営に介入しないと約束するフランス政府に日産は騙されていませんか?

「フランス政府は日産の経営に介入しないと約束した」と 日産自動車とルノーは12月12日に発表しました。 日産の西川広人副会長は 「日産の独自性と将来のアライアンス(提携)について、いい合意ができた。 (日産、ルノー、仏政府の)3者にとって非常に良い結論が出た」と記者会見で語っていますが 本当にそうなのでしょうか? 今回の合意に至る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産自動車はルノーに喰い潰されるのか?

雑誌・選択7月号に載った「ルノーに喰い尽くされる日産; いまや政府介入が必要な最終段階」と題する写真上の記事(クリックして拡大視可)を読みました。 ギリシャに端を発した欧州(EU)債務危機の影響で 仏ルノーは欧州市場での販売低迷から赤字経営に陥っており 43.3%の株式を保有している子会社・日産自動車を喰いものにしているという内容です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは賞味期限切れなのか?

日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼CEOは 11月1日に 2014年3月期の中間決算を発表すると同時に COO職を廃止して志賀俊之COOを渉外担当の副会長に更迭しました。 志賀氏がCOOを解任された理由は 他の自動車メーカーが円安効果などで業績を上方修正している中で 日産自動車のみ下方修正しており その責任を取らされたと見られていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月販500台の日産「リーフ」に試乗してみて電気自動車の普及は極めて困難と想う

日産自動車の電気自動車「リーフ」に10分ほど試乗しました。 写真上は 日産サティオ千葉津田沼店にて試乗させて貰った「リーフ」です。 私の過去記事に 電気自動車を普及させる障害として 次の5つがあると書いたことがあります。 1.リチウムイオン電池が高価で重く 車両価格がガソリン車より高い。 2.一充電あたりの航続可能距離が短…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「日産リーフ」の航続距離160kmでは電気自動車を普及させるのに未だ不十分と思いませんか?

電気自動車として 今年4月の三菱自動車「アイ・ミーブ」に続き 日産「リーフ」が11月20日から発売開始されました。 リーフの小売価格は Gグレード \4,060,350 Xグレード \3,764,250で 約80万円の政府補助金が支給されます。 今まで電気自動車が普及できなかった主な理由として 以下のような指摘がありました。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more