テーマ:豊田章男

トヨタ経営陣の内幕を暴露した経済小説第二弾「トヨトミの逆襲」を読む

覆面作家の城山三郎は 2016年に発表した小説「トヨトミの野望」で トヨタの元社長・奥田碩と元会長(現名誉会長)・豊田章一郎の確執を描き評判となりました。 前編と言えるこの経済小説で 奥田社長は トヨタを持株会社化して「トヨタの所有と経営の分離」を成し遂げ 創業家である豊田家を経営から引きはがし「天皇」のような象徴的存在にしようとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ「実験都市」は章男・大輔父子の壮大な“無駄遣い”と報じる雑誌・選択2月号記事

今年1月に開催されたラスベガスのテクノロジー見本市(CES2020)で トヨタの豊田章男社長は 「東富士工場の跡地に1千億円を超える資金を投じて実験都市を建設し トヨタ社員など200人を住まわせた日常生活の中で自動運転車やAIに関連する技術やサービスを開発して実証する」と発表しました。 私がこのニュースを初めて知ったのは 1月7日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌・選択8月号記事「トヨタ販売店網”崩壊”の始まり」を読んで想う

雑誌・選択8月号に載った「章男“肝入り改革”にディーラーの怒り;トヨタ販売店網”崩壊”の始まり」と題する記事を読みました。 記事の内容を簡単にまとめると以下です。 トヨタは トヨタ店 トヨペット店 カローラ店 ネッツ店という4チャンネルで売るトヨタブランドの販売車種を来年春に統一すると 今年6月に発表した。 販売改革として実施する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「トヨタの経営陣は裸の王様と茶坊主だけ」と報じる雑誌・選択を読み想う

上掲の記事(クリックして拡大視可)は 「トヨタ章男『私情人事』の滑稽 裸の王様と茶坊主だけの経営陣」と題する雑誌・選択1月号記事(全2頁の1頁)で その内容を極く簡単にまとめると以下です。 トヨタ自動車が2018年1月1日付けで発表した新経営体制について 社内の評判は頗(すこぶ)る芳しくない。 トヨタOBと幹部たちは余りの情実人事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誤解と偏見に満ちた雑誌・選択の記事「マツダと資本提携した哀れな真相;トヨタ章男“EV無策”の禍根」

トヨタ自動車とマツダは8月4日に業務・資本提携を発表し 電気自動車の共同技術開発を進めるとしています。 雑誌「選択」は 何故かトヨタに対していつも批判的なので 今回の発表についても批判的であって驚きませんが 上掲の9月号記事「マツダと資本提携した哀れな真相;トヨタ章男“EV無策”の禍根」は 余りにも誤解と偏見に満ちた内容なので 呆れまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌・選択11月号のトヨタ関連記事「章一郎と章男の保有資産」を読み豊田家は富豪ランキング外と知る

上掲の写真は 今から9年ほど前の2008年2月6日にホテルニューオータニにて開催された(社)日本自動車会議所の懇親会で理事長として挨拶されるヨタ自動車(株)の豊田章一郎取締役名誉会長です、 この写真を私が撮った当時 豊田章一郎氏は とてもお元気そうでしたが 91歳となる今では トヨタ本体を含むグループ各社の実権を息子の章男社長に全て譲り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌・選択10月号「トヨタの女たちと“政略結婚”」が報じる豊田家の神格化を憂慮する

今から9年ほど前の2008年2月に; 「豊田家の人々とトヨタ自動車」 と題する記事を私のブログに載せました。 この記事は 2007年3月から毎週ほぼ2回のペースで載せている私のブログの中で最もアクセス数が多く Googleなどで豊田家やトヨタ自動車について検索される方が如何に多いかが分かります。 この記事は その後 update…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣家の猫を殺した日本自動車工業会の専務理事に20万円の罰金刑という記事を読み驚く

写真上の記事(クリックして拡大可)は 雑誌「選択」5月号に載っていたものです。 日本自動車工業会の専務理事・名尾良泰氏が隣家の飼い猫を蹴ったり踏みつけるなどして殺し 動物愛護法違反で20万円の罰金刑を科せられたことを  この記事から知り 驚きました。 どのような事情でこうなったのかは 分かりませんが 猫の飼い主は 事件の凶悪性と異…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more