テーマ:歴史

日本兵捕虜たちが米軍の秘密尋問所「トレイシー」にて日本の軍事機密を全て暴露したのは何故か?

「トレイシー」というのは 太平洋戦争で捕虜となった日本兵を尋問する目的でカリフォルニア州バイロン・ホット・スプリングスに設立された米軍施設「日本兵捕虜秘密尋問所」です。 1943年から45年までの間に太平洋各地で捕虜になった日本兵の内 日本軍の重要機密情報を持ち米軍に役立つと判断された2342の日本兵がこの場所に移され尋問を受けています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デイヴィッド・ハルバースタム著「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』が覆したマッカーサー神話

デイヴィッド・ハルバースタムは ベトナム戦争でのアメリカの政府高官を批判した『ベスト&ブライテスト』や日米自動車戦争を扱った「覇者の驕り」などの著作で知られていますが 不幸にも本書「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』の校正を終えた直後の2007年4月23日に交通事故で亡くなっています(享年73歳)。 本著で扱う朝鮮戦争につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩年を八芳園の地で過ごした大久保彦左衛門の自伝(三河物語)にある「出世する人・しない人」

親類の結婚式が写真上の八芳園(港区白金台)で開かれたので出席しました。 日本庭園がとても立派なので 八芳園の歴史に興味を持ち ネット情報を調べたところ 次のような内容でした。  八芳園の土地は 江戸時代初期に「天下のご意見番」として知られた旗本の大久保彦左衛門が晩年を過ごした。 その後、松平家、島津家など様々な大名家の屋敷になった…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

侠客・清水次郎長の墓が立派なのは何故か?

先日 日本平までドライブした時に 清水次郎長の墓と資料館が近くの梅蔭禅寺(清水市清水区)にあるというので寄ってみました。 写真上は その墓ですが とても立派なので驚きました。 梅蔭禅寺の近くには 清水次郎長の生家と船宿「末広」も復元されており 今回 これらも一緒に見てきたので 清水次郎長の全体像について良く理解できました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久能山東照宮に徳川家康の遺骸(遺骨)は今も埋葬されているか?

写真上は 久能山東照宮にある徳川家康の墓(霊廟・神廟)です。 過日 初めてお参りしましたが 家康の墓は日光東照宮にもあるので 遺骸(遺骨)が葬られているのはどちらなのか 両方なのか 素朴な疑問を持ちました。 徳川歴代将軍15人の内12人は菩提寺である増上寺と寛永寺に墓がありますが 家康・家光・慶喜の3人は別で 家康は久能山東照宮と…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

映画「レッドクリフ PartⅡ」は「苦肉の策」をどう撮ったか?

「赤壁の戦い」を勝利に導いた呉の知将・周瑜による「苦肉の策」が 映画「レッドクリフ Part Ⅱ」の中でどのように撮られているのか 注目しながら映画を見ました。 映画を見る前に「苦肉の策」についての本を読みオサライした内容については 私の別記事  「赤壁の戦い」を勝利に導いた呉の知将・周瑜による「苦肉の策」とは?  を参照ください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤壁の戦い」を勝利に導いた呉の知将・周瑜による「苦肉の策」とは?

ジョン・ウー監督の映画「レッドクリフ PartⅡ」(4月10日~上映中)では いよいよ三国志のヤマ場の一つである「赤壁の戦い」に突入するので 見に行くのを今から楽しみにしています。 映画を見る前に 「赤壁の戦い」について少しオサライをしておきたいと思い 写真上の菊池道人著「周瑜(しゅうゆ) 赤壁の戦いを勝利に導いた呉の知将」(PHP文庫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHKテレビ「篤姫」と宮尾登美子著「天璋院篤姫」と司馬遼太郎著「徳川慶喜」は同じ場面でどう異なるか

NHKテレビの大河ドラマ「篤姫」も佳境に入り 毎週日曜 楽しみに見ています。 徳川慶喜は 戊辰戦争の発端となった慶応4年(1868年)1月の「鳥羽伏見の戦い」に敗れ 兵を残したまま密かに大阪城を脱し 大阪湾に停泊中の幕府軍艦・開陽丸で江戸に退却します。 江戸城に戻った徳川慶喜は 勝海舟 天璋院篤姫 皇女和宮に面会を求め 一人だけ軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧島津公爵邸(清泉女子大学本館)と天璋院篤姫

写真上は イギリス人建築家ジョサイア・コンドルにより設計されたイタリア・ルネサンス様式の洋館・旧島津公爵邸の正面です。 同邸は 現在 清泉女子大学本館になっていますが 事前申請すれば邸内を見学できるというので 11月5日に見てきました。 旧島津公爵邸(品川区東五反田)の歴史をひも解くと 仙台伊達藩の藩邸が明治6年(1873年)に島…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

稲荷山古墳(埼玉県行田市)の金錯銘鉄剣から解明された日本の古墳時代

写真上は 昭和43年の発掘調査で稲荷山古墳(埼玉県行田市にある前方後円墳)から出土した国宝・金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」です。 レントゲン写真で調べたところ 剣身の両面に*金象嵌の115文字が発見され 歴史的に価値の高いものとして 当時 大きなニュースになったのを今も覚えています。 何故そんなことを覚えているのかと言うと …
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

武田信玄の菩提寺・恵林寺(山梨県甲府市塩山)の快川和尚と武田信玄公訓言

7月6日付け私のブログ 武田神社と積翠寺温泉(山梨県甲府市)にて武田信玄を想うで積翠寺温泉に1泊したことを書きました。 写真上は帰路に寄った武田信玄の菩提寺・乾徳山恵林寺(山梨県甲府市塩山)にある武田信玄夫妻の墓です。 恵林寺(えりんじ)は臨済宗の寺で 1330年に夢窓国師により創建されました。  恵林寺三門の柱(写真下)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田神社と積翠寺温泉(山梨県甲府市)にて武田信玄を想う

山梨県甲府市にある風林火山で知られる武田信玄ゆかりの積翠寺温泉へ1泊2日で行って来ました。 写真上は 武田家3代(信玄の父・信虎 信玄 信玄の子・勝頼)の居館跡に創建された武田神社です。 武田神社が創建されたのは1919年で 神社内にある宝物館では武田信玄をはじめ武田家に伝わる品々が展示されていました。 積翠寺は 武田信玄の父・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細川公爵邸(文京区目白台)と関口芭蕉庵(文京区関口)

5月16日付け私のブログで細川家の永青文庫を紹介した際に 永青文庫の建物は旧細川公爵家の家政所(事務所)だったと説明しました。 旧細川公爵邸の本館の方は 隣接する和敬塾の中にあり 事前に予約すれば見学できるというので6月26日に見てきました。 撮った写真をブログ等に載せることは禁じられているので 残念ながらここで紹介できませんが …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

フェノロサ没後100年記念講演「フェノロサを魅了した奈良の仏たち」

フェノロサは廃仏毀釈と西洋文化崇拝という風潮の中で 日本美術を評価し広く世界に紹介したことで知られています。 たたりを恐れる寺僧を説得し 法隆寺夢殿の救世観音に幾重にも巻かれていた白布を解いたことは有名な話です。 そのフェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa 1853-1908)が亡くなって100年になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

篤姫の墓(寛永寺)と徳川慶喜の墓(谷中霊園)

写真上は篤姫の墓(非公開)がある上野・寛永寺の根本中堂 写真下(2枚)は隣接する谷中霊園にある最後の将軍・徳川慶喜の墓です。 月光菩薩と日光菩薩を見に東京国立博物館の「薬師寺展」に6月4日(水)に行ったところ 待ち時間が1時間40分というので断念し その代わりに寛永寺と谷中霊園を訪ね撮ったものです。 毎週日曜夜のNHK大河テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細川家の「永青文庫」と講談社創業者・野間清治の「講談社野間記念館」

写真上は「永青文庫」 写真下は「講談社野間記念館」です。 5月の連休中に鳩山会館を見学した後 JR目白駅に行く途中にあったので寄ってみました。 永青文庫では 文武両道に優れた歴代の細川家が南北朝時代から現代に至るまでに集めた歴史資料や美術品などの文化財が一般公開されています。 建物は昭和初期に建設された旧細川侯爵家の家政所(事務所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK教育テレビ「新日曜美術館」で紹介された鳩山会館のステンドグラス(Stained Glass)

3月16日(日)のNHK教育テレビ「新日曜美術館」で 鳩山会館にある小川三知作のステンドグラス(写真上)が紹介されていたので 5月の連休中に見てきました。 小川 三知(おがわ さんち、1868年 - 1928年)は大正から昭和初めに活躍したステンドグラス工芸家で 東京美術学校を卒業後しアメリカ留学中に ステンドグラスに興味を持ち各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の料理「黒豚肉のしゃぶしゃぶ」

4月24日の夕方に奄美大島から鹿児島市に飛び 黒豚料理で有名な店「あぢもり」にて「黒豚肉のしゃぶしゃぶ」(写真上)を楽しみました。 店名は「あぢもり」が正しく 「あじもり」は誤りです。 豚肉は淡白な味なので しゃぶしゃぶにはなじまないと思っていましたが 小柄で黒色の薩摩黒豚肉は 秘伝のスープとの組み合わせにより 牛肉では味わえない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川美術館の国宝「源氏物語絵巻」

写真上は 徳川美術館(名古屋市東区徳川町)です。 トヨタに在籍していた時に 名古屋には5年ほど住んだので 「源氏物語絵巻」が収蔵されていることで有名な徳川美術館の所在は勿論知っていましたが 訪問する機会がありませんでした。 今回 名古屋出張時に空いた時間を利用して初訪問し ゆっくり見学できました。 徳川美術館には 尾張徳川家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汐留にある旧新橋停車場の駅舎

写真上の建物は何か分かりますか? そう このブログ記事のタイトルにある「旧新橋停車場の駅舎」です。 先日 我が家をリフォームして使う家具を探しに新橋(汐留)の松下電工ショウルームに行きました。 近くに見慣れない写真の建物があったので立寄ったところ 明治5年(1872年)に日本で初めての鉄道が新橋~横浜間で開通した時の新橋停車場の駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乃木神社と乃木希典

1月2日(水)は乃木神社(写真)へ初詣をしました。 例年 1月2日は実家(中野)で新年会があるので 実家に行く途中 ここ30年間ほど乃木神社(赤坂)に必ず寄り初詣をしています。 初詣の神社を毎年同じにしなければならないという決まりはない筈ですが 理由もなく途中で変えるのは何となく背信行為のような気がするので 毎年 初詣を乃木神社に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と東京タワー

元日 の朝は 風も無い好天気に恵まれ 今年を占う上で幸先の良い出だしとなりました。 朝寝 朝酒 朝湯に続いてお節料理の朝食(ブランチ)を済まし 受け取った年賀状の整理を午前中に終えたところ 午後は全く暇になったので 夫婦で舞浜のエクスピアリまで映画を見に行きました。 見た映画は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(写真上)で 元旦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧古河庭園と陸奥宗光

写真上は 旧古河庭園(東京都北区西ヶ原一丁目)にある洋館です。 テレビや雑誌で紹介されることが多いので知っていましたが 先日 実物を見に初めて行ってきました。 旧古河庭園は 当初 陸奥宗光(1844-1897)の邸宅でした。  それが古河庭園と呼ばれるようになったのは 相続した次男が古河財閥創始者の養子となったからです。 大正6年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more