テーマ:社債

3年満期の社債で小田急電鉄(0.28%)とSBIホールデイングス(2.15%)の年利(%)差は何故?

5年前に購入した千葉県債(利回り年1.348%)が満期となったので 3年満期の新規発行社債に切り替えることにしたところ 利回り年0.28%の小田急電鉄第62回無担保社債と 利回り年2.15%のSBIホールデイングス第5回無担保社債という2種類の社債を証券会社から紹介されました。 その概要は以下です。         (小田急電鉄社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年利1.26%の社債を新規発行したオリックス(格付A)が3年以内に倒産するリスクは0.28%のみ?

オリックス(株)が総額1000億円の劣後社債(無担保社債)を発行しました。 個人向けが900億円 機関投資家向けが100億円で 内容は 年利(表面金利)1.26%、 償還(満期)3年、今年7月15日までの募集期間というものです。 株式市場が低迷を続けており 国債や定期預金の利率が極めて低水準にある中で 個人資産を少しでも有利(高い…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

個人向け既発の社債としてオリックス(年利1.256%)と日産(年利0.843%)を買っても大丈夫?

2年前に購入したオリックス社の個人向け劣後社債(年利2.27%)の満期(償還時期)が来たので代わりの金融商品を探しましたが 低金利が今後も続きそうな状況の中で 元本確保に近い安全な金融商品で利回りの良いものを探すのは極めて難しいと知りました。 元本確保に近い安全な金融商品として 3年物の国債は年利0.19%、 3年の定期預金は年利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェー地方金融公社の円建て日経平均株価連動型債券(利率年4.81%・ノックイン60)は要注意です

2年前に購入したオリックス社の社債(利回り年2.27%)が満期となり償還されるので 代わりとなる安全(ほぼ元本保証)で利回りの良い金融商品を探していたところ ノルウェー地方金融公社が発行する利率年4.81%の円建て日経平均株価連動型債券(ノックイン価格=基準価格x60%)を大和証券(発売元)から薦められました。  外貨建ての外国債…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

年利5.1%という破格の社債を発行したソフトバンクに破綻懸念はないのか?

ソフトバンク(株)が年利5.1%という高利回りの社債を新規に発行しましたが 従来から囁かれていた苦しい資金繰りを改善するために行う苦肉の策なのか その理由を探ってみました。 今回 新規発行した第27回ソフトバンク(株)無担保社債の概要(写真上)は以下です。    募集額:   500億円    利率:    年5.1% …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more