テーマ:老後

定年退職時に1000万円もあれば大丈夫とする津田倫男著「老後に本当はいくら必要か」の珍説

本の黄色い帯(写真上)に「老後にウン千万円必要などという声に騙されるな! 手元に年金の不足分を補う1000万円もあればいい」と書かれているのを書店で見つけ「そんな馬鹿な話はないだろう」と思ったので 津田倫男著「「老後に本当はいくら必要か」(祥伝社新書)をつい買ってしまいました。 著者は「老後に必要なのは年金(公的年金と企業年金)の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

グローバル・ソブリン・オープンの収益分配金は「タコ配」という確かな根拠

グローバル・ソブリン・オープン(略称はグロソブ)という投資信託をご存知ですか? 約160万人の人が保有している国内で最大規模を誇る投資信託で 主要15カ国の国債に投資しています。 人気の理由は 基準価格(1万口当たりの時価で平成8年12月に1万円で売り出したもの)に対して毎年480円の収益分配金をズット続けていることにあります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豪ドル利下げによる豪ドル建債券(利回り年6.83%)の為替リスク拡大懸念

8月13日付け私のブログ 定年退職後の資産運用方法(その3);豪ドル建債券(利回り年6.83%)を購入 の中で豪ドル建債券を購入したと書きましたが 豪ドル債を購入した時が正に豪ドル高のピークだったようで その後 円に対し急激な豪ドル安に転じ始めました。 なぜ急激な豪ドル安に転じ始めたのかを 証券会社に聞いたところ オーストラリア準…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海外で勤務したことのある日本人に対する米国年金と豪州年金の問題点

米国で働いたことのある日本人は米国年金を貰えると聞いていたので 社会保険庁に行った際に聞いたところ 日本の社会保険庁宛の申請用紙を渡されました。 私が米国トヨタで働いたのは大昔の1966年9月~1968年9月の2年間だけであり 米国の年金番号(Social Security Number)のカードを紛失し覚えていませんでしたが 申請すれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米国映画「最高の人生の見つけ方」の原題「The Bucket List」と「棺桶リスト」

アメリカ映画「最高の人生の見つけ方」を丸の内ブラゼール(有楽町マリオン新館5階)で見てきました。 末期ガンを宣告された余命6ヵ月の男二人 ワンマンな大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と貧しいけれど家族に愛されている真面目な自動車整備工・カーター(モーガン・フリーマン)が 死ぬ前にやりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、“やりたい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more