テーマ:ジョン万次郎

四国最南端の足摺岬にて「ジョン万次郎」の数奇な人生を想う

上掲の写真は 四国最南端の足摺岬に建つジョン万次郎(本名 中浜半次郎)の銅像で 足摺岬灯台に通じる足摺岬遊歩道入口にあります。 ジョン万次郎は 足摺半島西岸・中浜に生まれたことから 1968年にこの場所に銅像が建てられたものです。  ジョン万次郎(1827~1898年)の生涯を簡単にまとめると以下です。 1827年 現在の土…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日米和親条約をめぐるペリー提督との交渉で日本側がジョン万次郎を通訳として使わなかったのは何故か?

“COMMODORE MATTHEW C. PERRY, Diplomat and Sailor”と題するPDFファイルの小冊子(全92頁)を ジョン万次郎草の根交流財団に関係する友人が送ってくれたので 読んでみました。 著者は 日本を開国させる目的で 1853~1854年の間 2度に亘って黒船で来航し 日米和親条約(神奈川条約)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジョン万次郎」と似た生涯なのに「アメリカ彦蔵」の知名度が低いのは何故か?

不勉強な私が「アメリカ彦蔵」という名を初めて知ったのは 松方正義の墓を訪ねて青山霊園へ行った時で 霊園事務所にて貰ったパンフレットを読み 同霊園内の外人墓地に ジョン万次郎と極めて似た生涯を送った「アメリカ彦蔵」なる米国籍の日本人が埋葬されていると知りました。  なぜ米国籍の日本人が外人墓地に埋葬されているのか 興味を持ったので調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more