テーマ:必死剣鳥刺し

映画「必死剣鳥刺し」で平山秀幸監督は藤沢周平原作の秘剣をどう撮ったか?

藤沢周平の時代小説を映画化した山田洋次監督の三部作「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」「武士の一分」はどれもスバラシイ作品でした。 同じ原作者の時代小説を 平山秀幸という別の監督が撮るとどんな風になるのか興味を持ったので 「必死剣鳥刺し」を見てきました。  結論を先に言えば 平山秀幸監督の映画は 山田洋次監督より硬質なものの 緊張感…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more