テーマ:戦争

日本兵捕虜たちが米軍の秘密尋問所「トレイシー」にて日本の軍事機密を全て暴露したのは何故か?

「トレイシー」というのは 太平洋戦争で捕虜となった日本兵を尋問する目的でカリフォルニア州バイロン・ホット・スプリングスに設立された米軍施設「日本兵捕虜秘密尋問所」です。 1943年から45年までの間に太平洋各地で捕虜になった日本兵の内 日本軍の重要機密情報を持ち米軍に役立つと判断された2342の日本兵がこの場所に移され尋問を受けています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民放テレビ報道番組最優秀賞に輝く「日本兵サカイタイゾーの真実~写真の裏に残した言葉~」を見て想う

静岡放送が平成21年5月に放送した表題のテレビ番組をNHK衛星テレビが6月28日の放送にて紹介したので見ました。 平成21年度の民放テレビ報道番組最優秀賞に輝いた放送だけあって とても見応えのある内容でした。 日米間で1945年2月19日~3月29日の間に繰り広げられた硫黄島の戦いにて 戦死者は日本兵20,129人 米兵6,821…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

デイヴィッド・ハルバースタム著「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』が覆したマッカーサー神話

デイヴィッド・ハルバースタムは ベトナム戦争でのアメリカの政府高官を批判した『ベスト&ブライテスト』や日米自動車戦争を扱った「覇者の驕り」などの著作で知られていますが 不幸にも本書「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』の校正を終えた直後の2007年4月23日に交通事故で亡くなっています(享年73歳)。 本著で扱う朝鮮戦争につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵を見た人も無言になる戦没画学生慰霊美術館「無言館」を訪ねて

王ヶ頭ホテルに1泊した翌日は 上田市に向う途中で 念願だった「無言館」(写真上)を見学しました。 無言館には 第二次世界大戦中に志半ばで戦場に散った画学生たちが残した絵画・作品・愛用品などが収蔵・展示されています。 無言館館主の窪島誠一郎(1941年生)は小説家・水上勉の実子(旧民法上の私生児)としてもよく知られており 詳しくは私…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

靖国神社「遊就館」を20年振りに再訪

写真上は 靖国神社境内にある「遊就館」の新館ホールに展示されているゼロ戦(零式艦上戦闘機)です。 20年ほど前に 遊就館(旧館)を一度訪問したことがありますが 現在の建物は平成14年に全面改装された旧館と増設されたガラス張りホールを持つ新館から構成されており 今回の再訪問で その豪華な展示館への変貌振りに驚きました。 なぜ唐突に遊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more