テーマ:登山

妙義山の岩場「天狗のひょうてい」から眺めた絶景

「石門めぐり」で知られる妙義山に登りました。 写真上は 第4石門で 石門の中に見える岩は最高地点に近い岩場にある大砲岩です。 妙義山は 白雲山 相馬山 金洞山 金鶏山などからなる岩峰の林立する特異な山々の総称で 妙義山という固有の山は存在しません。 妙義山の神秘的な景観は 九州の耶馬溪 四国の寒霞渓とともに日本三大奇勝と言われるそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クレヨンしんちゃん」で知られる漫画家の転落死で一躍有名になった荒船山(標高1423m)に登る

写真上は 群馬県と長野県の県境にある荒船山(標高1423m)で その登山口となっている内山峠へ車で向う途中で国道254号から撮ったものです。 「クレヨンしんちゃん」などで知られる漫画家・臼井儀人氏が昨年9月にこの山の頂上から転落死しましたが その時に この山が軍艦のような特異な姿をしていることをテレビ報道で初めて知り いつか登ってみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥日光の男体山(標高2486m)を裏登山口(志津乗越・標高1786m)から初登頂

写真上は 日光市街と中禅寺湖を結ぶ観光道路「いろは坂」の明智平駐車場から撮った日本百名山の一つ「男体山」です。 奥日光に行くたびに 円錐形をしたこの秀麗な山をいつか登ってみたいと思っていましたが 先日 長年の夢がようやく叶いました。 男体山(標高2486m)へ登るルートには 中禅寺湖畔にある二荒山神社(標高1275m)からと反対側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頂上にかけて岩塊の急登が続く蓼科山(標高2530m)を初めて登る

写真上は 白樺湖から撮った八ヶ岳連峰の最北端に位置する孤峰・蓼科山(標高2530m)です。 蓼科に来る度に この美しい山の姿を遠くから眺めながら いつか登ってみたいと思っていましたが 今回 トヨタの同期会が蓼科で開かれることになったので この機会を利用して長年の夢を実現させることにしました。 蓼科牧場(白樺高原国際スキー場)からゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光輪を背負った仏様のような自分の姿(ブロッケン現象)を中央アルプス「極楽平」の霧中に見る

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの終点「千畳敷駅」(標高2611m)から登山道を60分ほど登ると「極楽平」という見晴らしの良い場所となり 更に稜線を北に10分ほど歩くと宝剣岳(標高2931m)と三ノ沢岳(標高2846m)に登る分岐点に出ます。 千畳敷駅から宝剣岳(標高2931m)に登るには 極楽平経由と八丁坂経由の2ルートがあり 極…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロープウェイを利用した登山のガイドブック「山頂駅からの山あるき」で木曽駒ヶ岳に登る下調べ

今年はロープウェイを利用して中央アルプスにある「木曾駒ヶ岳」(標高2956m)に登りたいと考えており その下調べをする為に 「山頂駅からの山あるき・ロープウェイ&ケーブルカーで登る山」(JTBパブリッシング)と題する写真上のガイドブックを購入しました。 このガイドブックには ロープウェイやケーブルカーを利用して登れる30の山として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サス沢山(標高940m)頂上から眺めた奥多摩湖と小河内ダム

写真上は サス沢山(標高940m)頂上から撮った奥多摩湖で なかなかの絶景でした。 奥多摩湖の小河内ダム堰堤上を渡ったところにある登山口からサス沢山(標高940m)の頂上をめがけて約1時間半かけて歩きましたが かなり急な登りで 滑り易い道にはロープが張ってありました。 登山口からサス沢山頂上まで標高差は410mしかありませんが 私の体力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本百名山の中で一番低い名峰・筑波山(標高877m)をロープウェイで登る

写真上は 筑波山ロープウェイ「つつじヶ丘駅」に車で向う途中に撮ったもので 双峰の形をした山頂の左側が男体山(標高871m) 右側が女体山(標高877m)です。 女体山山頂までは 筑波山ロープウェイ「女体山駅」で降り 歩いて5分ほどでした。 女体山頂から男体山山頂まで約1時間かけ歩いて往復してから 再びロープウェイに乗り「つつじヶ丘…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

那須岳(標高1915m)初登頂と那珂川上流にある甲子温泉付近の紅葉

写真上は 那須岳山頂(標高1915m)にある石の祠(那須神社)です。 那須岳の9合目にある那須ロープウェイ那須山頂駅で降り 那須岳山頂(茶臼岳)まで50分歩きましたが 結構しんどかったです。 那須高原の紅葉が見頃というので 10月16日に日帰りで往復460kmをドライブして行ったのですが 丁度良いタイミングでした。 那須岳は茶臼岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロープウェイ終着駅・天神平を起点にして登った谷川岳(標高1977m)

写真上は双耳峰を持つ谷川岳で 山頂の左側に見えるピークが「トマの耳(1963m)」 右側に見えるのが「オキの耳(1977m)」です。 8月23日(日曜)に 自宅(浦安)からプリウスで関越自動車道を経由して谷川ロープウェイ乗り場まで行き(片道202km) ロープウェイの終着駅「天神平」を起点にして歩き始め谷川岳山頂をめざしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「剱岳」と立山曼荼羅に見る「地獄の針の山・剱岳」

評判がとても良いので映画「剣岳 点の記」を見てきました。 山岳小説の白眉と言われる新田次郎の同名小説を 木村大作監督が映画化したもので あらすじは 次のようなものです。 陸軍参謀本部陸地測量部(現在の国土地理院)は 測量官・柴崎芳太郎(浅野忠信)に対し前人未到とされ日本地図で測量されぬまま唯一残っていた剣岳山頂に三角点埋設を命じる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大山(標高1252m)初登頂と落語「大山詣り」

写真上は 大山(神奈川県)の頂上に立つ標識です。 過日 ケーブルカーを利用せずに麓(ふもと)から3時間かけて頂上(標高1252m)まで登りましたが きつい登りが多く結構たいへんでした。 新宿駅から小田急線に乗り伊勢原駅で下車し バスで登山口(大山ケーブル駅)まで行き 登山口→女坂→阿夫利神社下社→ヤビツ峠分岐→頂上(阿夫利神社本社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王のシンボル「お釜」の火口沿いを歩いて半周

蔵王温泉に一泊した翌日(9月3日)は 蔵王苅田山山頂(1758m)までバスで行き 写真上の 「お釜」の火口に沿って「馬の背」をほぼ半周歩きました。 歩いたルートは 蔵王苅田山山頂→五色岳(1672m)の「お釜」→避難小屋→蔵王ロープウェイ山頂駅です。  現役の時は 専ら車を利用して旅行していましたが 大人の休日ジパング会員として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松方恭子編「妻におくった九十九枚の絵葉書~伊藤愿の滞欧日録」を読み感動

写真上の本「妻におくった九十九枚の絵葉書~伊藤愿の滞欧日録」を 編者である松方恭子さんから思いがけず送っていただき とても嬉しく思いました。 松方恭子さんは 私が米国トヨタのニューヨーク事務所に1967年9月から1年間勤務していた時の上司、松方富士雄氏の夫人で ご夫妻には公私ともに大変お世話になりました。 「妻におくった九十九枚の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more