テーマ:曲垣平九郎

愛宕神社の石段86段を騎馬にて登り徳川家光に誉められた馬術の達人・曲垣平九郎を想う

上掲の写真は 愛宕神社正面・男坂の石段86段で 別名「出世の石段」として知られています。 その由来は次のようなものです。 寛永11(1634)年1月,将軍徳川家光が芝増上寺参拝の帰りに愛宕山を過ぎる際,騎馬で山上の梅花を折ってくる者を求めた。3人が試み,いずれも落馬し登れなかったので 讃岐高松藩士・曲垣平九郎が申し出て馬に乗り,一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more