テーマ:曽野綾子

日本最大のロックフィルダム・高瀬ダムの建設を現場取材した曽野綾子著「湖水誕生」を読み土木の世界を知る

昭和60年(1985)に刊行された曽野綾子著「湖水誕生」を読みました。 長野県大町市を流れる高瀬川には 上流から 高瀬ダム 七倉ダム 大町ダムという三つのダムが建設されましたが 著者・曽野綾子さんは 高瀬ダムと七倉ダムの建設工事が始まってから3年後に現地での取材を始め 白内障の手術による休筆期間(約2年間)があったので 現地を取材した期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老化度は「くれない指数」で分かるとする曽野綾子著「老いの才覚」を読む

新聞広告によると 曽野綾子著「老いの才覚」(ベスト新書)は 現在 販売部数が新書・ノンフィクション部門の第1位で 50万部を突破したそうです。 家内が友人の読み終わったこの本を借りてきたので 私も読んでみました。 この本の中で 著者・曽野綾子さん(現在79歳の後期高齢者)は 「老化度」を計る目安は「くれない指数」と述べています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more