テーマ:定年退職

託児所ならぬ託夫所(Husband Day Care Center)という滑稽な看板を出した豪州パブ

写真上(クリックして拡大可)はオーストラリア東海岸Townsville(ブリスベンより1400km北)にあるパブの写真で 託児所ならぬ託夫所(Husband Day Care Center)という滑稽な看板を出しています。 夫が定年退職して夫婦で一緒に過ごす時間が増えると 奥さんが一番困るというのは世界的な傾向なようで このパブで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年退職して始まる男の孤独について描いた渡部淳一著「孤舟」を読む

エロ作家の本など読みたくないのですが 家内が友人から借りたという渡部淳一著「孤舟」が残されたままになっていたので 暇つぶし?に読んでみました。 主人公は、大手広告代理店を定年退職した60歳の威一郎です。 定年退職してから生じる自由な時間をゆっくり楽しもうと夢見ていた威一郎でしたが 現実は想像していた事態とは程遠く 日が経つととも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今後の為替動向と高利回り(年11.25%)のブラジル国債に投資する得失

利回り年率6.83%の豪ドル建て債券(償還期間3年)を昨年8月に購入し悔やんでいる私は 今後の為替動向について強い関心があり 4月16日に開催された表題のセミナーに参加してみました。  豪ドル建て債券などの外国通貨建て債券を購入する利点は 日本の債権で運用するより利回りが良いことですが 問題は 為替レートがどう変動するか読めないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪ドル利下げによる豪ドル建債券(利回り年6.83%)の為替リスク拡大懸念

8月13日付け私のブログ 定年退職後の資産運用方法(その3);豪ドル建債券(利回り年6.83%)を購入 の中で豪ドル建債券を購入したと書きましたが 豪ドル債を購入した時が正に豪ドル高のピークだったようで その後 円に対し急激な豪ドル安に転じ始めました。 なぜ急激な豪ドル安に転じ始めたのかを 証券会社に聞いたところ オーストラリア準…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

定年退職後の資産運用方法(その3);豪ドル建債券(利回り年6.83%)を購入

定年退職後の資産運用方法として 安全(元本確保)で利回りの良い金融商品を探しましたが そんな「虫のいい話」は存在しないので 若干のリスクを覚悟して思い切って豪ドル建債権(利回り年6.83%)を購入してみました。 アジア開発銀行が個人向けに売出した期間3年の豪ドル建外債で 利率:年6.83%(豪ドルベース) 売出期間:2008年7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年退職後の資産運用方法(その1);オリックス社の社債(利回り年2.27%)を購入

定年退職した身になって初めて資産運用について泥縄式に勉強を始めました。退職してから検討を始めるのでは遅過ぎますが 現役の時は仕事に追われ検討する暇がなく 住宅ローンの支払いや子育て負担等で運用する金融資産そのものが少なかったというのが自己弁護です。  退職後の資産運用(預貯金を投資に回す方法)は リスクを避けなければならないので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more