Windows 10の新ブラウザーMicrosoft Edge でショットカットアイコンを作れぬ人はガラパゴス人間…

Windows 10の既存ブラウザーInternet Explorer を新設のMicrosoft Edgeに変更すると Webページで右クリックしてショートカットアイコンをデスクトップ画面に載せられず不便だと 先のブログ記事に書きました 上掲の写真は Windows 10の既存ブラウザーInternet Explorerを使って…
コメント:0

続きを読むread more

大谷石地下採掘場跡に造られた大谷資料館を見学

大谷石地下採掘場跡に1979年にオープンした大谷資料館(宇都宮市大谷町)を見学しました。 上掲の写真は 大谷石採掘場の岩壁に立つ高さ27mの平和観音で 1956年に開眼供養が行われています。 大谷石の採掘方法には 「露天掘り」と「坑内掘り」があり 坑内掘り跡にオープンしたのが大谷資料館で その広さは約2万㎡ 深さは平均30m(最深…
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭パルムドール賞の「わたしは、ダニエル・ブレイク」を含むケン・ローチ監督の旧作映画4本を観る

現在公開中の映画「家族を想うとき」の感想を私のブログ(赤字部分をクリックして参照)に載せた際に 同じケン・ローチ監督が制作した他の英国映画も観たいと思い 2016年のカンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞した「わたしは、ダニエル・ブレイク」を含む旧作4本のDVDをTSUTAYAで借り観ました。 映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」は…
コメント:0

続きを読むread more

Windows 10の既存ブラウザーInternet Explorer を新設のMicrosoft Edgeに変更…

6月14日(日)の朝にパソコンを起動したところ マイクロソフトWindows 10の既存ブラウザーInternet Explorerを新ブラウザーMicrosoft Edgeに移行させる設定変更をデスクトップ画面の一面広告で勧めていました。 上掲写真は 左側がInternet Explorerのロゴ 右側がMicrosoft Edgeの…
コメント:2

続きを読むread more

樫尾俊雄発明記念館を見学し1957年にカシオが商品化した世界初の「小型純電気式計算機」に驚く

成城学園前駅から徒歩15分の樫尾俊雄発明記念館を見学しました。 同館を見学するには 事前予約が必要で コロナウイルス感染対策に万全を期して 6月初から再開された見学を1日1回(12:30~14:30)一組3名以下に限定しています。 樫尾俊雄発明記念館は 創業以来それぞれの役割を分担してカシオ(正式社名はカシオ計算機株式会社)を…
コメント:0

続きを読むread more

「“トヨタは大丈夫”は本当か?」と題する雑誌・選択6月号記事を読む

日産自動車は5月28日 2020年3月期の連結決算について 6712億円の赤字と発表し 今期(2021年3月期)については 新型コロナウイルス感染症の与える影響が分からないとして 発表を見送りました。 これに対し トヨタ自動車は 2020年3月期の純利益を2兆761億円と発表し 今期(2021年3月期)の営業利益予想を前期比79.…
コメント:2

続きを読むread more

「しいたけ栽培キット」を購入して“椎茸”の成長を観察

添付写真は ネットショップで購入した「しいたけ栽培キット」で送料を除き¥1300でした。 部屋の中で成長を観察し食べて楽しめるので 最近 人気が高いそうです。 しいたけを育てる原木は「クヌギ」ですが 栽培キットは「広葉樹を粉砕したおが屑と穀物」+「しいたけ菌」で造られています。 栽培方法は簡単で 1日に1度 霧吹きでぬらすだ…
コメント:0

続きを読むread more

スマホやパソコンを使い入館禁止中の老人ホーム居住者とその家族に対面式会話を可能にするアプリ「Zoom」の効用

老人ホームでは新型コロナ感染防止対策として外来者の入館が禁止されており 入居者と家族の面談ができなくなっています。 対応策として 私の義母が住む介護式有料老人ホームから 「スマホやパソコンを使い居住者と家族の対面式会話を可能にするサービス」を開始するという案内が来ました。 その内容を簡単に説明する以下です。 老人ホームの会議室にス…
コメント:2

続きを読むread more

故・岡本行夫氏がグローバル化について講演会で語ったエピソード

元外交官で、橋本・小泉内閣時に首相補佐官を務めた、外交評論家の岡本行夫が新型コロナウィルスに感染し4月24日に74歳で亡くなりました。 上掲写真の岡本行夫氏は 2009年1月の講演時に撮ったものです。  グローバル化について語ったその講演で 私にとって最も印象的だったのは 国をまたがってアウトソーシングが盛んになっている一例として…
コメント:0

続きを読むread more

愛宕神社の石段86段を騎馬にて登り徳川家光に誉められた馬術の達人・曲垣平九郎を想う

上掲の写真は 愛宕神社正面・男坂の石段86段で 別名「出世の石段」として知られています。 その由来は次のようなものです。 寛永11(1634)年1月,将軍徳川家光が芝増上寺参拝の帰りに愛宕山を過ぎる際,騎馬で山上の梅花を折ってくる者を求めた。3人が試み,いずれも落馬し登れなかったので 讃岐高松藩士・曲垣平九郎が申し出て馬に乗り,一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ経営陣の内幕を暴露した経済小説第二弾「トヨトミの逆襲」を読む

覆面作家の城山三郎は 2016年に発表した小説「トヨトミの野望」で トヨタの元社長・奥田碩と元会長(現名誉会長)・豊田章一郎の確執を描き評判となりました。 前編と言えるこの経済小説で 奥田社長は トヨタを持株会社化して「トヨタの所有と経営の分離」を成し遂げ 創業家である豊田家を経営から引きはがし「天皇」のような象徴的存在にしようとし…
コメント:0

続きを読むread more

男体山と日光連山をご神体とする日光二荒山神社の「本社」と「別宮本宮」を訪ねる

このブログ記事は新型コロナウイルス感染が騒がしくなる前に書き溜めたもので 上掲写真の「二荒山神社本社」は4月14日から参拝中止になっています。 二荒山神社本社は世界遺産に登録された「日光の社寺」の一つで 宇都宮市内にある二荒山神社と区別するために「日光二荒山神社」とも呼ばれています。 古来より修験道の霊場として崇敬された二荒…
コメント:0

続きを読むread more

雑誌・選択4月号記事「トヨタが副社長ポストを廃止し執行役員に一本化した真相」を読み想う

雑誌・選択4月号は「トヨタ副社長ポスト廃止の真相・”大輔社長”最短での実現に布石」と題する上掲記事を載せています。 その概略を簡単にまとめると以下です。 トヨタは4月1日付けで副社長ポストを廃止し執行役員に一本化した。 豊田章男社長は「執行役員の階層を減らし意思決定を迅速にするのが目的」と発表しているが これまで執行役員として存在…
コメント:0

続きを読むread more

徳川家光の日光霊廟「大猷院」にて家光の生母は江でなく乳母・福(後の春日局)という説を想う

このブログ記事はコロナウィル感染騒ぎの前に書き溜めたものなので 誤解なきように! 上掲の写真は 日光の世界遺産に登録されている徳川三代将軍・家光の霊廟・大猷院(たいゆういん)で 後方に仁王門が見えます。 徳川将軍家の墓は 日光の東照宮に初代・家康 大猷院に3代・家光 東京の谷中霊園に15代・慶喜 他の将軍は寛永寺または増上寺にありま…
コメント:4

続きを読むread more

松屋銀座にて「倉本聰 点描画とやすらぎの刻」展を観て想う

4月1日まで松屋銀座で開催された「倉本聰 点描画とやすらぎの刻」展を観ました。 松屋銀座はコロナウィルス対応による自粛で営業時間が短縮されています。 同展では 2017年4月3日~9月29日までテレビ朝日で月~金の昼に放送された第1期の「やすらぎの郷」と2019年4月8日~2020年3月27日まで放送された第2期「やすらぎの刻~道…
コメント:0

続きを読むread more

離婚調停を題材にしたNETFLIX配信映画「マリッジ・ストーリー」を観て1979年の名画「クレーマー・クレーマー」…

今年の第92回アカデミー賞で作品賞のほか主演男優、主演女優、脚本など計6部門にノミネートされ、女性弁護士を演じたローラ・ダーンが助演女優賞を受賞した映画「マリッジ・ストーリー」を観ました。 NETFLIX配信なので大手映画館での上映がなく 場末の映画館UPLINK澁谷にて観ることになりました。 離婚調停を題材にした映画で その概要…
コメント:0

続きを読むread more

平成の大修理で創建時の輝きを取り戻した日光東照宮の「陽明門」を訪ねる

平成の大修理を終えピカピカに生まれ変わった日光東照宮の陽明門(上掲の写真)を訪ねました。 陽明門の修理は 日光東照宮の「平成の大修理」の目玉として、2013年7月から4年間かけて行われたもので 専門技術者約30人が携わり 江戸時代から受け継がれる伝統技術を駆使して500体を超える極彩色の彫刻や純白の瑚粉塗りの柱、黒漆塗りの屋根などを蘇ら…
コメント:0

続きを読むread more

1984年公開のギャング映画を歌劇にした「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を東京宝塚劇場で観る

東京宝塚劇場の雪組公演「ワンス アポン ア タイム イン アメリカ」を2月26日に 城南信用金庫から貸切公演の優待券を貰ったので夫婦で観ました。 公演期間として 2月21日から3月22日までを当初予定していましたが 新型コロナウイルス感染の騒ぎで2月29日~3月9日まで中止され 10日~11日に再開されましたが 安倍総理による自粛延長…
コメント:0

続きを読むread more

つくばエクスプレス開通で日本自動車研究所の旧テストコースに建設された「つくば市新庁舎」を見学

上掲の写真は 2010年5月に竣工したつくば市の新庁舎です。 地上7階 総工費約80億円の建物で 約1200台の駐車場があり 駐車場から新庁舎へ行くアプローチとして「芝生広場」と敷地中央を東西に貫く長さ450mの「並木の街路」が設けられています。 敷地10.4ヘクタール(ha)は日本自動車研究所(略称JARIは英文名称Japan …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトランタ爆破テロ事件(1996年)を題材にしたクリント・イーストウッド監督の最新作映画「リチャード・ジュエル」を…

クリント・イーストウッド監督の映画は “常に新作が最高傑作”と言われているので 最新作映画「リチャード・ジュエル」を期待して観ました。 この映画は 1996年に起きた冤罪事件を題材にしたもので その概要は次のようなものです。 アトランタオリンピック開催中の1996年7月27日  オリンピック公園でのコンサートを警備していたリチャー…
コメント:2

続きを読むread more

函館開港後の1859年に函館山麓・元町地区に創建された旧イギリス領事館を訪ねる。

上掲の写真は 函館開港後の1859年に函館山麓・元町地区に創建された旧イギリス領事館で 元町地区の観光名所になっています。 1854年の日米和親条約締結により 幕府は下田と箱館(江戸時代まで函館は箱館と表記されていた)を開港し 米国に続き英国 ロシアとも同様の和親条約を締結しました。 元町地区には 各国領事館や洋館や異なる宗教の教会が建…
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ「実験都市」は章男・大輔父子の壮大な“無駄遣い”と報じる雑誌・選択2月号記事

今年1月に開催されたラスベガスのテクノロジー見本市(CES2020)で トヨタの豊田章男社長は 「東富士工場の跡地に1千億円を超える資金を投じて実験都市を建設し トヨタ社員など200人を住まわせた日常生活の中で自動運転車やAIに関連する技術やサービスを開発して実証する」と発表しました。 私がこのニュースを初めて知ったのは 1月7日…
コメント:2

続きを読むread more

戊辰戦争で最後の戦場となった「函館五稜郭」を訪ねる

上掲の写真は 地上高90mの五稜郭タワー展望台から撮った函館の「五稜郭」です。 五稜郭は 戊辰戦争(1868~1869年)で最後の戦場となったので 良く知られていますが 五稜郭そのものが造られた目的や歴史的な背景を 私自身 余り良く理解していなかったので 以下の如く整理してみました。 1854年の日米和親条約締結により 幕府は下田…
コメント:2

続きを読むread more

2020年アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされた韓国映画「パラサイト・半地下の家族」を観る

韓国映画「パラサイト・半地下の家族」の評判が高く 昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール賞を受賞しただけでなく 今年のアカデミー賞においても最高賞の作品賞を含む6部門にノミネートされているというので観ました。 映画の原題は”寄生虫“を意味する「PARASITE」ですが 邦題には半地下に住む貧しい韓国の家族を意味する”半地下の家族“…
コメント:0

続きを読むread more

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は“本能寺の変”を起こした明智光秀の動機をどう描くのか?

1月19日から放送を開始したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は 織田信長を襲撃して自害させた“本能寺の変”について 明智光秀の動機をどう描くのでしょうか? 明智光秀の動機については 怨恨説 天下取りの野望説 足利義昭や徳川家康などを黒幕とした共謀説など諸説がありますが 後世に作られた二次資料(伝聞などの状況証拠)に基づくものがほとんど…
コメント:0

続きを読むread more

津軽海峡フェリーで本州最北端の下北半島・大間崎から函館へ渡る

本州最北端の下北半島・大間崎にてマグロの刺身を食べてから 上掲写真の津軽海峡フェリーで大間港から函館港に渡りました。 大学生の時に青函連絡船で青森から函館へ行ったので 今回 津軽海峡を船で渡るのは約半世紀ぶりに二度目となりました。  青函連絡船は 青森と函館を結ぶ旧国鉄の鉄道連絡船で 青函トンネルによるJR津軽海峡線の開通により昭…
コメント:0

続きを読むread more

社会派の巨匠として知られるケン・ローチ監督の英国映画「家族を想うとき」を観て知った是枝裕和監督との類似性

2016年の「わたしはダニエル・ブレイク」でカンヌ国際映画祭パルムドール賞を取ったケン・ローチ監督の英国映画「家族を想うとき」を観ました。 9月のNHKテレビ対談にて 是枝監督がケン・ローチ監督を「最も尊敬し映画作りの手本にしている」と語っていたので この映画を観てみたいと思いました。 映画の概略は以下です。 舞台はイギリス北部の…
コメント:0

続きを読むread more

下北半島西岸の極楽浄土を思わせる奇岩の秘境「仏ヶ浦」を訪ねる

上掲の写真は 恐山の奥の院とも言われる下北半島西岸の秘境「仏ヶ浦」の景観です。 仏ヶ浦へのアクセスは 国道338号の駐車場から高低差約100mの崖に造られた階段を下りて行くことも出来ますが 私は前日に泊まった下北半島北岸の下風呂温泉から下北交通バスで下北半島西岸の佐井まで行き そこから仏ヶ浦まで観光船で往復しました。 仏ヶ浦の全貌…
コメント:0

続きを読むread more

日本独自の文化“活動弁士”を描いた周防正行監督の映画「カツベン!」を観る

日本だけに定着した“活動弁士“という文化を描いた周防正行監督の最新映画「カツベン!」を観ました。 映画が活動写真と呼ばれ モノクロでサイレント(無声)だった頃に スクリーンの横で台詞(セリフ)や説明を軽妙洒脱に語り 楽士の演奏と共に 無声の映画を肉声で活気づけた活動弁士(略してカツベン)の活躍を描いたものです。 海外では活動写真(…
コメント:0

続きを読むread more

三途の川を渡り日本三大霊場の一つと言われる下北半島の「恐山」を訪ねる

JR東北新幹線の八戸駅にて青い森鉄道に乗り継ぎ下北駅で降りてから タクシーで日本三大霊場の一つと言われる青森県下北半島の「恐山(おそれやま)」を訪ねました。 この世のものとは思えないおどろおどろしい景観がテレビ番組で紹介されるのを何度か観たので いつか訪ねてみたいと思っていましが 今回そのことが実現しました。 恐山は 唐で修業した…
コメント:0

続きを読むread more

墓地・春秋苑に併設された屋内納骨堂を見学し終活としての「墓じまい」を想う

義父が眠る川崎市南生田にある墓・春秋苑の「墓じまい」をし 屋内納骨堂に遺骨を移することになったので 引っ越し先となる同じ春秋苑内の納骨堂「青蓮堂」を見学しました。 上掲の写真は 青蓮堂の参拝ホールです。 「墓じまい」とは 一般的に先祖が眠る墓から遺骨を取り出し、墓石を撤去し、墓を建ててていた土地をお寺や霊園管理者に返却した上で 今…
コメント:5

続きを読むread more

北前船で栄えた富山市東岩瀬町の廻船問屋「森家」を見学する

富山駅北口から路面電車・ライトレールに乗り 富山湾に面した北前船廻船問屋・森家(富山市東岩瀬町)を訪ねました。 岩瀬は江戸から明治にかけて 北前船の寄港地として発展した町で 明治11年(1878年)に創建された廻船問屋「森家」は 町屋の代表として当時のたたずまいを残しています。 上掲の写真は 森家に展示されている北前船の模型です。…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ裏社会を描いたマーティン・スコセッシ監督のNetflix配給映画「アイリッシュマン」を観る

今年のアカデミー賞作品賞の有力候補と言われる マーティン・スコセッシ監督 ロバート・デ・二―ロとアル・パチーノ共演の映画「アイリッシュマン」を観ました。 上映時間3時間半(トイレタイムなし)という超大作です。 配給会社は 新作映画をネット配信するNETFLIXで 配信に先立ち一部の映画館で上映していますが 日比谷や舞浜などの大手映…
コメント:0

続きを読むread more

富山城を訪ね戦国時代の城主・佐々成正の子孫で浅間山荘事件を指揮した危機管理のプロ・佐々淳行を想う

上掲の写真は 1954年に富山市郷土博物館として復元された富山城の天守閣です。 富山城が誕生したのは戦国時代の1543年(種子島に鉄砲が伝来した年)で 織田信長の武将であった佐々成正が越中一国を与えられて大規模な改修を行ったと言われます。 佐々成正(1536~1588年)の生涯を簡単にまとめると以下です。 織田信長の親衛隊と…
コメント:0

続きを読むread more

落差日本一(350m)を誇る富山県立山町の「称名滝」を訪ねる

上掲の写真は 落差日本一(350m)を誇る富山県立山町の「称名滝」で 立山連峰を源流とし 水量は多い時で毎秒100トンを超え 称名川となって常願寺川に注ぎ込んでいます。 10万年ほど前に称名滝は現在よりも15km下流に位置していたと考えられており その後、長い年月をかけて基岩の溶結凝灰岩を年間10cm程度ずつ削りながら、途中、「悪…
コメント:0

続きを読むread more

上野で開催された「御即位記念・正倉院展」を観て奈良の都(平城京)が真っ盛りだった頃を想う

正倉院展は 11月14日まで奈良国立博物館にて開催中ですが 今年は御即位記念特別展として 上野公園の東京国立博物館でも11月24日まで開催されているので 午前中に上野へ出掛けたところ 長蛇の列で約1時間入場を待つ人たちのために日傘が用意されていました。  正倉院宝物は 光明皇后が聖武天皇の御遺愛品を東大寺大仏に捧げたことに由来し …
コメント:2

続きを読むread more

黒部峡谷トロッコ電車の終点・欅平駅から足を延ばし「祖母谷地獄」まで往復

黒部峡谷トロッコ電車(上掲写真)に初めて乗りました。 団体旅行でなく個人旅行だったので 私は東京駅から北陸新幹線で黒部宇奈月温泉駅まで行き 駅に隣接する新黒部駅から富山地方鉄道で宇奈月温泉駅へ行き そこから駅前の宇奈月駅から終点の欅平駅まで全長20kmをトロッコ電車でを往復しました。 片道1時間20分のトロッコ電車には 窓のない普…
コメント:0

続きを読むread more

電気自動車(EV)の開発に未だ本気でないトヨタは大丈夫なのか?

招待券を貰ったので 東京ビッグサイト(青梅会場と有明会場)にて開催中の東京モーターショーを見学しました。 目玉は 来年中に市販予定の電気自動車(EV)で トヨタ ホンダ マツダから展示がありましたが 9年前からEVリーフを発売している日産はコンセプト車IMKのみでした。 東京モーターショーの来場者数は ピーク時(1991年)に20…
コメント:0

続きを読むread more

韓国人が日本人を嫌う根底にある「反日種族主義」とは何か?

ソウル大学元教授の李栄薫氏が共同執筆して出版した「反日種族主義」が大きな反響を呼び韓国内でベストセラーになっています。 韓国の反日は「嘘の歴史」に基づくということを実証的に書いたもので 邦訳は文芸春秋社から近日中に刊行されます。 上掲の写真は 文芸春秋十一月号の記事「反日種族主義と私は戦う」で 李栄薫氏と黒田勝弘氏(産経新聞ソウル…
コメント:0

続きを読むread more

能登半島・輪島市の「白米千枚田」と「切子灯籠(キリコ)会館」を訪ねる

金沢駅から能登半島を巡る日帰りの定期観光バスに乗り 輪島市にある世界農業遺産の「白米千枚田」と能登半島北部の祭りに使われる切子灯篭を展示する「輪島キリコ会館」を訪ねました。 上掲の写真は 石川県輪島市白米町の棚田「白米千枚田」で 能登半島北岸を走る国道249号と日本海との僅かな崖地に作られています。 約4ヘクタールの範囲に1004…
コメント:0

続きを読むread more

旧東京タワーボウリング跡地に開業した料亭にて中山律子などが活躍したボウリング全盛時代を想う

上掲の写真は 2005年9月に旧東京タワーボウリングの跡地(港区芝公園4丁目)にオープンした「東京 芝 とうふ屋うかい」の名物料理“豆水とうふ”です。 「東京 芝 とうふ屋うかい」は 芝公園や増上寺などの緑に囲まれた約 6,000 ㎡の敷地に、池や築山を備えた日本庭園を配置し また、山形から築 200 年の造り酒屋を移築するなど、大江戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賤ケ岳の戦いで七本槍の一人として活躍した松山城初代城主・加藤嘉明を想う

愛媛県松山市の中心部にある勝山(標高132m)山頂に建つ平山城・松山城(伊予松山城とも呼ぶ)を訪ねました。 上掲写真の連立式天守は 大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を3棟の渡櫓(廊下)で結ぶもので 姫路城と同じ形式になっています。 平山城というのは 平野の中の小高い丘の上に築かれており 高い山の上に築かれた岐阜城などの山城と異なりま…
コメント:0

続きを読むread more

足摺岬の四国八十八ヶ所霊場第三十八番札所・金剛福寺にて「補陀落信仰」を想う

 上掲の写真は 足摺岬の四国八十八ヶ所霊場第三十八札所「金剛福寺」で 寺の正式名称は「蹉跎山補陀洛院金剛福寺(さださん ふだらくいん こんごうふくじ)」です。 寺の名前に「補陀落」という文字が入っているのは 弘法大師が足摺岬に広がる太平洋の大海原に観世音菩薩の理想の聖地・補陀落の世界を感得し822年に開創したからだそうです。 …
コメント:0

続きを読むread more

筆頭株主のトヨタは「曙ブレーキ」を無慈悲にも見殺しにしたのか?

米国事業の不振から破綻に瀕していた曙ブレーキ(株)は 事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)を申請し その前提条件となる日本政策投資銀行やメガバンクなどの事業再生ファンド(JIS)による200億円の出資(無議決権優先株)が 9月27日の臨時株主総会で承認されました。 財務基盤を強化して事業再生を図るもので その概要は以下です。 1.…
コメント:0

続きを読むread more

四国最南端の足摺岬にて「ジョン万次郎」の数奇な人生を想う

上掲の写真は 四国最南端の足摺岬に建つジョン万次郎(本名 中浜半次郎)の銅像で 足摺岬灯台に通じる足摺岬遊歩道入口にあります。 ジョン万次郎は 足摺半島西岸・中浜に生まれたことから 1968年にこの場所に銅像が建てられたものです。  ジョン万次郎(1827~1898年)の生涯を簡単にまとめると以下です。 1827年 現在の土…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本最後の清流・四万十川の「高瀬沈下橋」を屋形船で遊覧

上掲の写真は 高知県の西部を流れ四国内で最長(全長196km)の四万十川に架かる「高瀬の沈下橋」です。 四万十川に支流を含めて47の沈下橋がある中で 1973年に完成した高瀬沈下橋は 本流の下流から3番目にあり 長さ232m 幅3.4mです。 四万十川は「日本最後の清流」と呼ばれますが その理由は 1983年のNHKテレビ特集で四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のアカデミー賞作品賞候補と言われる映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観る

クエンティン・タランティーノ監督の映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観ました。 1年間という短い期間でしたが 私は1967年にハリウッドに住んでいたので 1969年のハリウッドを舞台にしたこの映画を とても懐かしく思いながら観ました。 映画のあらすじは以下です。 テレビ俳優として人気に翳(かげ)りが見え始めたリ…
コメント:0

続きを読むread more

高知城を訪ね初代土佐藩主・山内一豊の妻・千代の“内助の功”を想う

高知城の追手門から天守閣に向かう途中で初代土佐藩主・山内一豊の妻・千代と馬の像(上掲の写真)が目に止まりました。 山内一豊の妻・千代の“内助の功”については知っていましたが その銅像に馬がなぜ一緒なのか 傍らの次の説明を読み初めて分かりました。。 千代が差し出した黄金10枚のへそくり(持参金という説もあり)で名馬を購入した一豊は …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌・選択8月号記事「トヨタ販売店網”崩壊”の始まり」を読んで想う

雑誌・選択8月号に載った「章男“肝入り改革”にディーラーの怒り;トヨタ販売店網”崩壊”の始まり」と題する記事を読みました。 記事の内容を簡単にまとめると以下です。 トヨタは トヨタ店 トヨペット店 カローラ店 ネッツ店という4チャンネルで売るトヨタブランドの販売車種を来年春に統一すると 今年6月に発表した。 販売改革として実施する…
コメント:4

続きを読むread more

桂浜(高知市)を訪ね徳川慶喜に大政奉還を決意させた坂本龍馬の功績を想う

上掲の写真は 桂浜(高知市浦戸)の坂本龍馬像です。 昭和3年に建てられた高さ5.3m(台座を含めると13.5m)の銅像で 桂浜の小高い丘から太平洋の彼方を見つめています。 坂本龍馬(1836~1867年)については良く知られえているので 説明するまでもありませんが その生涯を簡単にまとめると以下です。 土佐郷士(下級武士)の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more