大磯の島崎藤村邸と三越友の会主催の日帰りバスツアー

画像
写真上は 神奈川県大磯町にある島崎藤村の旧宅です。 家内が所属する「三越友の会」から島崎藤村邸と吉田茂邸を7月17日(木)に見学する日帰りバスツアーの案内があったので 蛮勇を奮って参加しました。

なぜ参加するのに蛮勇を奮ったのかというと 三越友の会のツアーに参加するのは「有閑マダム」がほとんどで 男性の参加は極めて少ない筈と思ったからです。

集合場所である日本橋三越に向う当日の朝 参加者31名中 男性は何名かについて家内と賭けたところ 家内は8名 私は5名で 私が大当たりでした。 予想した如く 参加者のほとんどは品の良さそうな?!有閑マダムと既に定年退職したと思われる濡れ落ち葉?!らしき男性でした。 

今回見学した大磯町の島崎藤村旧宅は 島崎藤村(1870年~1943年)が亡くなる最晩年の2年間(1942年8月~1943年8月)を過ごした邸宅で 藤村は 「東方の門」を執筆中に脳溢血で倒れ写真下の書斎で71歳の生涯を終えています。

この島崎藤村邸は 敷地456㎡ 延べ床面積(離れを含め)127㎡で 大正末から昭和初期に建てられた日本家屋らしい雰囲気を色濃く残しており 私が生まれ育った東京都中野区の実家を懐かしく思い出しました。

島崎藤村は明治5年(1870年)に木曾・馬籠村の本陣の家に生まれています。 大磯に残された遺品のほとんどは馬籠にある藤村記念館(長野県木曽郡山口村神坂馬籠)移され 小諸にもある藤村記念館には 小諸時代を中心とした作品・資料・遺品が多数展示されているそうです。

大磯の島崎藤村邸に興味ある男性の方は 蛮勇を奮って三越友の会主催のバスツアー参加を申込まれては如何?

昼食を大磯プリンスホテルでとった後の吉田茂邸見学については 次の記事に載せる予定です。

画像

島崎藤村邸の書斎


画像

島崎藤村邸の書斎


画像

島崎藤村邸の入り口


画像

大磯プリンスホテルのプール


画像

三越友の会主催の日帰りツアーに利用したバス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック