失われた古き良きアメリカの誇りをフォード車名 Gran Torinoで表した映画「グラン・トリノ」

画像
クリント・イーストウッド監督・主演の映画「グラン・トリノ(GRAN TORINO)」をシネマイクピアリで見ました。 前作の映画「チェンジリング」 に続く最新作として評判がとても良いので見たのですが 無類の面白さでした。

映画の題名となった「グラン・トリノ」とは 1972年から1976年に生産されたフォードの名車で 映画の概要は次のようなものです。

朝鮮戦争の帰還兵でフォードの工場を勤めあげたウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は 妻に先立たれ その頑固で偏屈な性格から家族からも敬遠され アジア人街となったミシガン州の街で孤独な隠居生活を送っていた。 そんなある日 ウォルトが大事にしている愛車グラン・トリノを隣家に住むラオスから移民したモン族の少年タオが盗もうとしたことから それをきっかけにウォルトとタオ一家との交流が始まっていく。

映画では 頑固で偏屈な老人ウォルトと内気で父親を早くなくした少年タオが 互いの足りないものを補い合うように親しくなっていく過程が暖かい眼差しで軽妙に描かれています。

主演のクリント・イーストウッドは  80歳に近く その演技ともおぼつかないよたよたの動きが 古いアメリカ人の威厳と哀愁を漂わせると共に この映画にリアリティ感をもたらしています。 

映画の題名が何故「グラン・トリノ」なのか不思議に思っていましたが 重厚でよく整備されたウォルトの愛車フォード(1972年製のGran Torino)そのものが「失われた古き良き時代のアメリカの誇り」を象徴するものであり 日本車に追いやられ昔の勢い(誇り)を失い破綻に瀕している今の米国自動車会社(=死期を悟った孤高の老人ウォルト)を表していることが 映画を見て分かりました。

映画では 誇り高きアメリカ人であるウォルトがフォード車2台(グラン・トリノとピックアップトラック)を保有し 出来の悪い息子や悪ガキ(チンピラ)たちが全て日本車(トヨタとホンダ)を乗り回しており 米国トヨタで働いたことのある私としては複雑な気持ちでした。

主演のクリント・イーストウッドは 愛すべきキャラクターであるウォルト役を 西部劇の主人公の様にクールで孤高な存在として魅力的に演じており この映画は必見に値します。
画像

ウォルト(クリント・イーストウッド)とタオ

画像

ウォルトとタオ一家

画像

ウォルトが保有するフォードの1972年型グラン・トリノ。 米車を代表するのはGMでもクライスラーでもなくフォード車


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック