鳩山由紀夫さんの友愛と不道徳な略奪婚

画像
総選挙は予想どうり 自民の惨敗 民主党の圧勝に終わりました。 小選挙区制ではこの様な結果が起こり得ると予期していましたが 前総理・福田赳夫が小娘のような素人にやっと勝つといったことは異常であり 結果は醜いものでした。

半藤一利は 著書「昭和史」 の中で日本国民は一時的な熱狂に流され 理性を失いやすいと書いていますが 今回の選挙結果にも同じことを感じました。

選挙前の8月26日(水)に 政治評論家・三宅久之氏(79歳)による「政局の動向」と題する講演会が東京国際フォーラムのB7ホール(写真上)にて開催されたので出席しました。

民主党政権の閣僚として幹事長・菅直人 財務大臣・藤井裕久を予想し 小沢一郎は政治資金問題を予算委員会で追求されないために閣外に留まり最大派閥として内閣をコントロールすると見ていました。 鳩山由紀夫については 次のような面白い?話を紹介していました。 

鳩山由紀夫(62歳)は 過去に幾度も愛人騒動が週刊誌等で報じられており 下半身に問題がある。 夫人の幸(65歳)さんとも当初は不貞の関係にあった。 東京大学工学部を卒業後 1970年から米スタンフォード大学に留学した由紀夫は サンフランシスコの地で 元タカラジェンヌの幸(みゆき)さんと知り合った。 当時 幸さんは サンフランシスコに住む日本人男性と結婚しており その旦那さんの姉夫婦が現地で日本料理店を経営していた。 姉夫婦は 由紀夫の両親から頼まれて留学中の由紀夫の面倒を見ていたもので その日本料理店で働いていた幸さんを由紀夫は知った。 二人の同棲が始まり 前の夫と幸さんの離婚が2年後に成立してから二人は結婚した。 結婚後の1986年に 由紀夫は祖父の代から地盤のある北海道から衆議院議員に立候補し当選するが 室蘭の女と同棲していたこともあった。

世事に疎い私としては初耳の話だったので驚きましたが ネットで調べたら 同じ内容を週刊文春(5月28日号)が既に報道していました。

日本には昔から 「男の人格が臍から上と下で異なっていても当然であり非難に値しない」という有難い?美風があります。 従い 鳩山由紀夫の「臍から下」について 私がとやかく言うつもりは毛頭ありませんが モットーである「友愛」が略奪婚や不貞行為(不倫)をも意味するのなら困ったことです。 

ともあれ 鳩山由紀夫首相の舵取りに期待したく思います。

尚 兄・由紀夫について弟・邦夫が語った面白い記事(文芸春秋8月号)の抜粋を 私の別ブログ記事 民主党と兄・鳩山由紀夫を厳しく批判した自民党のCM・プロポーズ篇と弟・邦夫の文芸春秋8月号対談 にて紹介しましたので もし興味あれば併せてご覧ください。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック