老いた身の世話を頼みに疎遠だった姉兄弟を訪ねる映画「春との旅」を見て考えさせられた「終の棲家」

画像
評判が高いので 仲代達矢主演の映画「春との旅」を丸の内東映にて見ました。 仲代達矢が演じる北海道・増毛に住む74歳の老人「忠男」が 老いの身の世話を頼みに疎遠だった姉兄弟や親類を19歳の孫娘・春(徳永えり)と共に訪ねるものの 行き先それぞれに家庭の事情があり 忠男の世話どころではないというのが映画のストーリーで 主人公に特別な親近感を感じながら身につまされる思いで見ました。

人生最後の棲家をどうするかは 高齢者にとって大きな問題です。 老夫婦のどちらかが残された場合に 子供の世話になれない(なりたくない)場合も多く 公営の老人ホームは待つ人が多いので入れず 民営の有料老人ホームは費用が高いので入れないといった状況に陥ることが間々(まま)あります。 そのような時に 映画の中で仲代達矢が演じた主人公(老漁師)の如く 老いた身の世話を姉兄弟や親類に頼んでも それぞれに複雑な家庭の事情があり 容易なことではありません。

映画の結末がどうなるのか (それを書いたらお終いヨとなるので) 興味のある方は 映画を是非ご覧になってください。

映画では 主演の仲代達矢と孫娘・春を演じた徳永えりが熱演しており 大滝秀治 菅井きん 淡島千景 田中裕子 柄本明 美保純 香川照之 戸田菜穂といった豪華キャストが映画全体を引き締めているので 見応えがありました。

映画の中で主人公は 北海道の増毛に始まり 東北の気仙沼・鳴子・仙台を巡って親類縁者の元を訪ねていますが このように旅の途中で起るさまざま事を扱ったものを 映画ジャンルの一つとして「ロードムービー(Road Movie)」と呼ぶそうで 米映画『イージー・ライダー』がその典型だそうです。

映画を見終えて 昼食をどうしようかと思っていたところ 映画館内で渡されたパンフレットに 映画切符の半券を持って近くの蕎麦屋「高田屋」(銀座二丁目)に行けば980円の昼食特別メニュー「忠男セット」と「春セット」があるというので夫婦で行き注文してみました。 私が頼んだ「忠男セット」は 〆蕎麦 酒の肴 北海道の地酒・男山一合 生ビール一杯という写真下のセットで 昼間から飲みたくもない?酒を飲み酔っ払うハメとなりました。
画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック