明治5年に創業し日本の富国強兵に大きく貢献した官営模範工場「富岡製糸場」を見学

画像
妙義山に登ってから自宅に戻る途中で「富岡製糸場」に寄りました。 写真上の記念碑は 正門を入り東繭倉庫に向う途中にあるのもので 創業翌年(明治6年)に 明治天皇の要請で皇后が富岡製糸場を行啓した時に詠んだ歌「いと車 とくもめくりて大御世の 富をたすくる道ひらけつつ」(製糸場の発展が日本の発展に繋がる期待を表した歌)が碑文に刻まれていました。

小学校などの教科書に 明治新政府が進めた「富国強兵・殖産興業」政策の例として 「富岡製糸場」が必ずと言っていいほど紹介されていましたが 現地を訪ねて見学するのは私にとって今回が初めてであり 明治5年という早い時期に このように立派な官営製糸工場を建設した明治政府の英断に感嘆しました。

当時の日本において 生糸(絹)は最も主要な輸出品目でしたが 「生糸の輸出振興と品質向上」を手始めに 日本の近代化と工業化を進めるべきと判断して 明治政府は富岡の地に(民間や外国の資本を頼らずに)官営の大規模な機械製糸工場の建設を決めました。

この製糸工場は模範工場として 当時 世界でも最大規模のものであり 基本的な考え方を

1)フランス製の製糸器械を導入する。
2)フランス人を当面の指導者とする。
3)全国から工女を募集し伝習を終えた工女を出身地へ戻し地元の製糸工場を指導させる。

として 生糸の大規模生産と品質向上により生糸の輸出を飛躍的に拡大させました。

創業当初 工女募集の通達を出しても なかなか人が集まらなかったそうで その理由は 工場を指導したフランス人の飲むワインが血と思い込まれ「富岡製糸場で働くと外国人に生き血をとられる」というデマが流れたからだそうです。 

生糸の輸出拡大により獲得した外貨により 日本は重工業化を進めことが出来 先進国の仲間入りにも成功したことを考えると 官営模範工場として「富岡製糸場」の果たした役割は極めて大きかったと思います。 しかしながら 「富国」と「強兵」は裏腹の関係にあり 日本は豊かな国になると同時に世界各地での戦争に巻き込まれることになったのは 意図しなかった宿命であり歴史の皮肉だったのではないでしょうか。

明治5年に官営工場として始まった富岡製糸場は その後 民営化され 昭和62年(1987年)に閉鎖されるまで 115年間操業を続けることになります。
画像

「木骨レンガ造り」の東繭倉庫で1階が事務所 2階が乾燥された繭の倉庫

画像

中庭から見た東繭倉庫

画像

操糸場(繭から生糸を操る作業を行う工場)の入口付近

画像

操糸場の内部。 女性のパネルは工女だった横田英(和田英)で回想録「富岡日記」を残している

画像

1時間ごとに開催されるガイデッドツアー(約1時間)の参加者

この記事へのコメント

2010年12月03日 17:06
こんにちは。
紡績工場というと「女工哀史」の文脈で語られがちですが、官営の「富岡製糸場」は士族出身の女工が多く、エリートだったとか。
福利厚生もよかったのではないでしょうか。
内部も当時のままに保存されているようですね。
いつか訪ねてみたいと思っていた場所の一つです。
2010年12月03日 18:46
空さま
コメントを有難うございます。ご指摘の如く「富岡製糸場」は士族出身のエリート女工が多く 習得した技術を出身地に戻って普及させるために高賃金だったそうです。

この記事へのトラックバック