「生ビール」は缶入りもレストランのサーバーからジョッキに注がれるものも全く同じと初めて知る

画像
写真上は 缶入りの生ビールとして売られている麦芽100%のキリンビール「一番搾り」とサントリー「ザ・プレミアムモルツ」です。 何れの缶にも「生ビール」という表示がされています。

不勉強な私は 「ビール」と「生ビール」は異なるもので 加熱処理し瓶詰または缶詰されたものを「ビール」と呼び 加熱処理せずに(非加熱のまま)樽詰してレストランや居酒屋などに運ばれサーバーからジョッキなどに注がれて出されるものを「生ビール」と理解していたました。 

「生ビール」の方が「ビール」より格段に美味しいのは 加熱処理されずにビールの酵母菌が未だ生きているからというのが私の認識であり 生ビールが缶詰めされれば酸素不足で酵母菌が死に 生ビールでなくなるので なぜ写真上のように缶詰のビールに「生ビール」という表示が許されるのか不思議に思っていました。

過日 キリンビール横浜工場を見学した時に この疑問がようやく解けました。 見学会の最後に質疑の時間があったので お目当ての生ビール「キリン一番搾り」を無料で試飲しながら 私がズット疑問に思っていた「缶入りの生ビールはレストランのサーバーからジョッキに注がれる生ビールと何処が違うのか」を係員に質問したところ 意外にも答は「違わない。 同じものである」というもので その理由を次のように説明していました。

ビールを醸造するには、大麦の麦芽を酵母の力によってアルコール発酵させるが この酵母を生きたままビールの中に放置しておくと 死んだ酵母が「おり」としてビールに残る。 「おり」を残さない為に 出来上がったビールを瞬間加熱・殺菌することで酵母菌を殺し、ビール品質を安定させたのが従来の「ビール」で 過熱・殺菌処理をしないままのものが従来の「生ビール」だった。 しかしながら 最近では技術の進歩により ビールを醸造する最終段階で熱処理せずに濾過処理して酵母菌や雑菌などを取り除く製法が一般的となっているので 加熱処理されていない(非可燃処理)という点で「ビール」と「生ビール」は同じである。 従い 缶入りの生ビールとレストランのサーバーからジョッキに注がれる生ビールは同じということになる。 

現在のビールは 缶詰・瓶詰・樽詰めに関係なく 加熱処理せずに全て濾過(ろか)処理された「生ビール」ということになります。 例外的に加熱処理されたものもあり 昔のキリンビールの味を敢えて残したキリンビールの「クラシックラガービール」はその一例です。

人間の持つ先入観というのは不思議なもので 同じ生ビール「キリン一番搾り」であっても レストランや居酒屋のサーバーからジョッキに注がれる生ビールは美味しく 缶入りの「生ビール」は美味しくないと私はズット信じていましたが キリンビール横浜工場で「同じもの」という説明を聞いてからは 缶入り生ビールをレストランの生ビールと同じように美味しいと思えるようになりました。
画像

生ビールを無料で試飲できるキリンビール横浜工場見学会

画像

工場見学会後の生ビール試飲会場

画像

工場見学会後の生ビール試飲会場

画像

試飲会場のお土産品コーナー

画像

庭から撮った試飲会場

画像

工場敷地内にあるレストラン「ビアポート」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック