人民元建て債券に投資する投資信託「みずほ人民元建て債券ファンド」を買えば元高を見込んで大儲けできる?

画像
みずほ証券が販売元となっている投資信託「みずほ人民元建て債券ファンド(愛称:点心債ファンド)」を勧められました。 中国はこれまで 先進国向け輸出などから経常黒字が続き膨大な外貨準備を蓄積してきたことから 対外収支が不均衡となっており 年4~5%のインフレを抑えるためにも 今後 人民元レートの切り上げ圧力が強まるものと予想されています。

証券会社の説明によると 中国は今後4~5年かけて人民元レートを20~30%切り上げせざるを得ないというのが専門家の見方であり 人民元が強くなる可能性が極めて高い中で人民元建て債券に投資する投資信託を買えば確実に儲かるということでした。

パンフレット(写真上)にある「みずほ人民元建て債券ファンド」の内容は以下です。

・香港で発行される人民元建て債券(点心債)に投資する米ドル建て
 外国投資信託である。
・債券の利回りと人民元の値上がり期待により収益確保を目指す。
・日本円を米ドルに換え更に米ドルを人民元に換えて人民元建て債券を買う
 仕組みとなっている。
・人民元建て債券の利回りとして約2%を目指す(証券会社の口答説明)
・申込単位:50000米ドル以上(1口100米ドル)
・申込手数料:1万口未満 1.05%(税込み)
・運用管理費用:年1.27%程度
・日本円~米ドルの為替手数料:10万米ドル以下なら往復1.3%


結論として 人民元建て債券の利回りは年2%程度なので 申込手数料 管理費用 為替手数料などを差し引きすると ほとんど旨みはありません。 しかしながら 人民元レートが今後4~5年の内に20~30%切り上げられる可能性が極めて高いなら この投資信託を買って大儲けできるかも知れません。

人民元の値上がりに期待して投資するという投資信託は 面白いと思いましたが 中国は内政面で色々な問題を抱えており 政治的に不安定な状態にあると見るなら 人民元が紙くず同然となるリスクもあります。 従い 人民元レートが今後4~5年の内に20~30%切り上げられ元高になるという見方は甘すぎるのではないでしょうか?

私個人は リーマンショック前に利回り年6.83%の豪州ドル建て債権(満期3年)に投資し為替差損で手痛い目にあっているので 人民元であっても外貨建て債券には恐くて暫くは手が出せません。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年09月29日 02:41
初めまして。これは面白いので見てください
10万円の登録で海外FX口座、海外口座、証拠金1000$、さらにプロに運用してもらえます。 限定1万人まで募集中
さらに7500円でマスターデビッドカードが作れて運用利益がコンビニですぐ下ろせます。現在約4000人までメンバーが増えました。1万人到達まであと1~2か月!!
詳しくはこちらのサイトを見てください
http://91176418.at.webry.info/

この記事へのトラックバック